IDC Technology Spotlight: デジタルビジネスのイノベーションに最適な「as-a-Service」IT利用モデル

  • アナリストレポート
  • PDF 415KB
  • 8ページ

概要

IDC社は、「As-a-ServiceのオンプレミスIT」 (オンプレミスのCapacity On Demand) が、組織のIT消費のアプローチを改善するのに最適であると述べています。このモデルは、データセンターにクラウドレベルのアジリティと簡素化をもたらすとともに、IT部門の変革を促し、デジタルビジネスのイノベーションに対処できるようにします。設備投資モデルから変更が容易なコスト構造へと移行し、従量制の支払い方法を利用してIT as a Serviceを提供できるなどのメリットが得られます。全体としては、事業部門にパブリッククラウドと同等の環境を提供しながら、制御性を維持することができます。IDC社は、新しい『IDC Technology Spotlight: ...

IDC社は、「As-a-ServiceのオンプレミスIT」 (オンプレミスのCapacity On Demand) が、組織のIT消費のアプローチを改善するのに最適であると述べています。このモデルは、データセンターにクラウドレベルのアジリティと簡素化をもたらすとともに、IT部門の変革を促し、デジタルビジネスのイノベーションに対処できるようにします。設備投資モデルから変更が容易なコスト構造へと移行し、従量制の支払い方法を利用してIT as a Serviceを提供できるなどのメリットが得られます。全体としては、事業部門にパブリッククラウドと同等の環境を提供しながら、制御性を維持することができます。IDC社は、新しい『IDC Technology Spotlight: デジタルビジネスのイノベーションに最適な「As-a-Service」IT消費モデル』において、HPE GreenLakeフレックスキャパシティサービスの価値を中心に、IT部門によるデジタルビジネスの変革の促進をサポートするこのアプローチを分析しています。

IDC社は、「As-a-ServiceのオンプレミスIT」 (オンプレミスのCapacity On Demand) が、組織のIT消費のアプローチを改善するのに最適であると述べています。このモデルは、データセンターにクラウドレベルのアジリティと簡素化をもたらすとともに、IT部門の変革を促し、デジタルビジネスのイノベーションに対処できるようにします。設備投資モデルから変更が容易なコスト構造へと移行し、従量制の支払い方法を利用してIT as a Serviceを提供できるなどのメリットが得られます。全体としては、事業部門にパブリッククラウドと同等の環境を提供しながら、制御性を維持することができます。IDC社は、新しい『IDC Technology Spotlight: デジタルビジネスのイノベーションに最適な「As-a-Service」IT消費モデル』において、HPE GreenLakeフレックスキャパシティサービスの価値を中心に、IT部門によるデジタルビジネスの変革の促進をサポートするこのアプローチを分析しています。

HPEフレキシブルキャパシティのIT消費サービスに関するレポートのダウンロード

はじめに.....1

市場の動向..... 2

IT-as-a-Serviceへの移行により柔軟性に優れたデータセンター環境を構築.....3

推奨事項.....4

ヒューレット・パッカード エンタープライズ (HPE) の検討....5

HPEフレキシブルキャパシティサービスの詳細.....6

結論..... 7

Loading information, please wait