HPE Synergyイメージストリーマーは、迅速にイメージ/アプリケーションを変更し、コンポーザブル・インフラストラクチャのニーズを満たすためのリソースを提供します。 超高速で物理コンピュートノードを運用環境に導入およびアップデートして、高速ブート、仮想化イメージの変更、およびイメージコンプライアンスを実現するため、HPE Synergy コンポーザーのソフトウェアデファインドインテリジェンスが統合されています。 ソフトウェアデファインドインテリジェンスは、テンプレート形式で操作・統合されるため、アプリケーションやサービスは迅速に配信されます。 導入とアップデート用の可用性の高いインフラストラクチャは自動的に統合され、簡単に使用できます。 ソフトウェアアップデートにコンプライアンスを適用することで、コストを制御し、インフラストラクチャの安定性を促進できます。 ユニファイドAPIを使用することで、パートナー、開発者、およびユーザーはHPEイメージストリーマーにアクセスし、自由に価値を創出できます。 より広範なエコシステムにより、操作とアプリケーションの統合、自動化、カスタマイズが可能となります。

機能

超高速に複数ノード間にブート可能イメージをストリーミングすることでさらに業務を迅速化

HPE Synergyイメージストリーマーによって、サーバープロファイルをゴールデンイメージ (OEとI/Oドライバー) およびパーソナリティ (OSとアプリケーション) と合わせて統合し、使用可能なハードウェア上で迅速に実装できるため、真に「ステートレス」な操作が可能です。

この機能を使用して、後からハードウェア上で高速実装できるように、早期に環境を計画することもできます。

イメージの導入・展開はイメージライブラリから実行され、テスト済みの運用環境とパーソナリティを使用することで、品質と一貫性を維持しながら超高速で完了します。

アップデート作業では、改修されたイメージを取り込むことができ、そのブート可能イメージを複数のノードに数秒でストリーミングし超高速に再度展開できます。 イメージは、「必要なスピード」でハードウェアに適用されます。

インフラストラクチャの安定性を持続させるためのイメージ適用による作業効率化

HPE Synergyイメージストリーマーは、サーバープロファイルを使用し、自動的にHPE Synergy コンポーザーと構成情報を統合・設定します。

ゴールデンイメージを取り込みそれらを使用するか、または既存の実績あるイメージを編集して再利用できます。

イメージコンプライアンスは、監視、フラグ、修正機能とともにサーバープロファイルテンプレートを使用して適用されます。

冗長性を持つ物理アプライアンスを自動的に設定して、イメージのセキュアなアーカイブを管理します。

この可用性の高いブート環境では、コンピュートノードには関与しない導入プロセスを使用し、セキュリティ問題を回避するためPXEブートユーティリティは使用しません。

ユニファイドAPIを使用したプログラムによる統合と自動化によりあらゆるワークロードを実行

HPE Synergyイメージストリーマーへの統合APIアクセスを使用して、その機能をプログラムで制御できます。 これにより、パートナー、開発者、およびユーザーは、その使用を統合、自動化、およびカスタマイズできます。

HPE Synergyイメージストリーマーは、IT部門が多数のインフラストラクチャブロックにまたがり運用環境をプロビジョニングする必要があるWeb規模の導入など、インスタンスにおける制約をなくします。