コンポーザブル・インフラストラクチャが「Infrastructure as Code」として管理できる方法についてご説明します。HPE Synergy コンポーザーにより、様々なワークロードにフィットしたコンピュート、ストレージ、ファブリックリソースの可変的なプールを構成および再構成するための理想的なインフラストラクチャ管理が実現します。 「Infrastructure as Code」の機能は、一貫したガバナンス、コンプライアンス、および統合により、アプリケーションとサービスのオンデマンドなデリバリとサポートを提供します。 これにより、インフラストラクチャの管理方法が根本から変革されます。 また、ソフトウェアデファインドアーキテクチャーがあらゆるHPE Synergy内のリソースを自動的に検出し自動的に取り込むことで、テンプレート主導型の運用が即座に実現します。 このインテリジェンスにより、運用の速度、効率、信頼性が向上します。 また、単一のインターフェースと単一のユニファイドAPIからインフラストラクチャを展開、監視、アップデートできるため、 IT部門は、従来の環境、仮想化された環境、およびクラウド環境にインフラストラクチャを展開できます。 さらに、サービスを中断することなくスムーズにリソースをアップデートし、柔軟性を高め、再配置することができます。

機能

コンピュート、ストレージ、およびファブリックリソースの柔軟な構成による移行迅速化でアプリケーションやサービスを素早く提供

運用の変更を自動的に行い、お客様環境におけるベストプラクティスをテンプレートに取り込むことで、手作業での操作と人為的エラーを削減します。これにより、インフラストラクチャの管理方法が根本から変革されます。

コンピュート、ストレージ、ファブリックの利用可能なリソースは、即座に自動検出され、その柔軟なリソースプールより瞬時に使用可能になります。

スムーズなアップデートによる作業の効率化で、インフラストラクチャの安定性を制御

HPE Synergy コンポーザーでは、複数のツールを削減し、ほぼすべてのライフサイクルにおける運用上の変更に単一のインターフェイスで対応できるため、1人の管理者によって迅速に処理することが可能です。

スムーズな更新作業は、冗長パス構成により、「データプレーン」のみを使用して安全に実行されます。(その間、「制御プレーン」から切り離されます。)

ファームウェアのアップデート作業では、中断のない方法で複数のフレームを新しいベースラインへ迅速にアップデートし、すべてのコンポーネントのアップデートを一元化できます。

ユニファイドAPIを使用したアプリケーションの統合および自動化

HPE Synergy コンポーザーは、コンポーザブル・インフラストラクチャの検出、検索、インベントリ、構成、プロビジョニング、アップデート、および診断を含むポリシーベースの運用を加速化するために、シンプルにアクセスできる単一のユニファイドAPIです。これによりあらゆるワークロードに対応できるインフラ基盤の自動化を実現します。

従来の環境で、お客様環境のニーズに合わせたワークフローの設計とプロセスの自動化が可能になり、時間のかかる複数のスクリプティングツールとインターフェイスを排除できます。

DevOpsにおけるChef主導型の方法などの新しいアプリケーションでは、自動化が実現しているうえ、数分以内に運用可能にすることが可能です。 物理リソースは、仮想/パブリッククラウドリソースと同じ方法で提供されるため、DevOpsツールにより、プログラムによって瞬時にプロビジョニングできます。

Microsoft Systems Center®やVMware vCenter™などの一般的な管理ツールの統合により、このプログラム可能なユニファイドAPIインターフェイスが使用されています。

  • Microsoft®は、米国およびその他の国におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。
  • VMware®は、米国およびその他の地域におけるVMware, Inc.の登録商標です。
  • VMware vCenter Server™は、米国およびその他の地域におけるVMware, Inc.の登録商標です。