HPE Synergyフレーム

データセンターシステムのアップタイムとセキュリティを維持しつつ、将来の成長に対応することはできますか。HPE Synergyフレームリンクモジュールは、リソースの自動検出やヘルスステータスの監視など、システムの稼働を維持するための基本的な管理機能をHPE Synergyフレームに提供します。セキュリティは、データネットワークと管理ネットワークの分離やHardware Root of Trust、セキュアスタート、TPMファイル暗号化などのさまざまな機能によって強化されます。またHPE Synergyフレームリンクモジュールは、将来の成長に対応できるよう、複数のフレームを管理リングにリンクさせて単一の管理環境を (最大21フレームにまで) 拡張します。

最新情報

  • Hardware Root of Trustは、HPE Synergy 4ポートフレームリンクモジュールで正しいファームウェアが使用されていることを検知して確認することによって改ざんを防止します。
  • セキュアスタートは、ブートパスを切り替える前に以前のファームウェアに基づいてHPE Synergy 4ポートフレームリンクモジュールの新しいファームウェアを検証することにより、セキュアなファームウェアアップデートと攻撃耐性を維持します。
  • ファイル暗号化では、検証済みの暗号化キーを使用して堅牢なデバイスセキュリティを実現するために、HPE Synergy 4ポートフレームリンクモジュールのTrusted Platform Module (TPM) を使用します。
  • HPE Synergy 4ポートフレームリンクモジュールは、分散したフレームやデータセンターのリモートサブネットへの (最大数十キロの) 長距離接続をサポートできる柔軟性を備えています。

機能

アップタイムを維持するためにSynergyフレームを制御して管理

HPE Synergyフレームにインストールされているすべてのコンポーネントの資産とインベントリの情報を収集します。

リンクされているすべてのHPE Synergyフレームのすべてのリソースを自動検出し、これらのリソースを自動的に監視するためにHPE OneViewにこの情報を報告します。

HPE Synergyフレームのサーマルおよび電源インフラストラクチャリソースの制御と監視を行います。

HPE Synergyフレームにインストールされた各コンポーネントのヘルスステータスを報告します。

HPE Synergyコンソールのユーザーインターフェイスをホストします。

単一の管理ドメイン内で接続を拡張

データネットワークと分離された管理ネットワーク接続は、1Gbpsか10Gbpsで動作して専用の管理制御機能をサポートします。

HPE Synergyフレームリンクモジュールは、複数のフレームを10Gbpsで単一の管理ドメイン内の管理リングにリンクさせます。

フレームリンクモジュールにより、お客様は同じ管理ドメイン内でフレームを1個から21個にまで簡単に増やして環境を拡張できます。

HPE Synergy 4ポートフレームリンクモジュールは、分散したフレームやデータセンターのリモートサブネットへの (最大数十キロの) 長距離接続をサポートできる柔軟性を備えています。

HPE Synergyフレームのセキュリティを維持

HPE Synergyフレームリンクモジュールは、データネットワークと管理ネットワークを分離してサービス拒否 (DoS) 攻撃に対抗します。

HPE Synergy 4ポートフレームリンクモジュールのHardware Root of Trustは、正しいファームウェアが使用されていることを検知して確認することによって改ざんを防止します。

セキュアスタートは、ブートパスを切り替える前に以前のファームウェアに基づいてHPE Synergy 4ポートフレームリンクモジュールの新しいファームウェアを検証することにより、セキュアなファームウェアアップデートと攻撃耐性を維持します。

ファイル暗号化では、検証済みの暗号化キーを使用して堅牢なデバイスセキュリティを実現するために、HPE Synergy 4ポートフレームリンクモジュールのTrusted Platform Module (TPM) を使用します。

またHPE Synergyフレームリンクモジュールは、セキュアなプロトコルやアルゴリズム (CNSAスイートB、FIPS 140-2レベル1、PCI-DSS準拠、GDPR)、監査ログ、認証済みアップデート、証明書管理、スコープベースのアクセス制御、ユーザーデータの完全消去といった、その他のセキュリティ機能も提供します。