コンポーザブルファブリックをベースとしたHPE バーチャルコネクト SE 40Gb F8 モジュール(マスターモジュール)は、コンポーザブル・インフラストラクチャ向けに設計されています。 分散型ラックスケール設計が施されており、マスター/サテライトアーキテクチャーを使用して、データセンターネットワーク接続を統合し、ハードウェア数を削減し、複数のフレーム間のネットワーク帯域幅を拡張します。 マスターモジュールにはインターコネクトリンクモジュールを介してサテライトフレームへの接続を拡大するインテリジェントなネットワーク機能が含まれています。 これにより、ToRスイッチが不要となり、コストが大幅に削減されます。 スイッチコンポーネントを削減すると、データセンターの集約層で使用するポートが少なくなると同時に、ファブリック管理が大幅に簡素化されます。

機能

コンポーザブル・インフラストラクチャによるファブリックの効率、信頼性、および管理性の向上

HPE バーチャルコネクト 40GB F8スイッチモジュールは、HPE Synergyの革新的な分散型ラックスケール設計によって、データセンターネットワーク接続を統合し、ハードウェアを削減して、複数フレームにまたがるネットワーク帯域幅を拡張します。

各HPE バーチャルコネクト SE 40Gb F8 モジュールからのネットワークリソースのプールを効率的かつ柔軟に拡張し、複数フレーム間の帯域幅を拡大します。

SynergyマルチモジュールLAG (M-LAG) テクノロジーを使用したアップストリームへの耐障害性の高いファブリック接続により、ネットワークの信頼性を高めます。

HPE Synergyのソフトウェアデファインドインテリジェンスとテンプレート形式のプログラミングを使用して、簡単、確実、かつ迅速にバーチャルコネクト SE 40Gb F8モジュールをプロビジョニングできます。

HPE Synergyコンポーザーから、1つのツールを使用したワンステップのテンプレートベースの操作で、HPE Synergyインフラストラクチャ全体に応じたバーチャルコネクトのファームウェアアップデートをスムーズに調整できます。

業界実績あるバーチャルコネクトテクノロジーをベースに

HPE バーチャルコネクト SE 40Gb F8 モジュールは、あらゆるネットワークに対応する柔軟なインターコネクトインターフェースを提供します。 1台のデバイスで、 Ethernet、ファイバーチャネル (FC)、FCoE、iSCSIなどの一般的なデータセンターネットワークプロトコルをサポートします。

データおよびストレージ接続のパフォーマンスを細かく調整することで、仮想マシンやターゲットワークロード個別のニーズを満たします。

Flex-10およびFlex 20アダプターによりハイパーバイザーI/O要件を最適化します。 2つのモジュールでSynergyコンピュートモジュールへ6本のFlexNIC接続と2本のFlexHBA接続を提供し、大半のハイパーバイザーに対応するネットワーク構成のベストプラクティスを提供します。

Synergyコンピュートモジュールに接続して、iSCSIおよびFCoEプロトコル処理のフルハードウェアオフロードを使用し、ホストCPUパフォーマンスへの影響を最小化して、ストレージ接続のパフォーマンスを向上します。

ハードウェアベースの10/20GbEのパフォーマンスで、移行およびリカバリ中に仮想サーバーホスト間で超高速通信を実行します。

投資を保護し、プロセスを変更しない形で、ネットワークのアップグレードを実施

HPEバーチャルコネクト SE 40Gb F8 モジュールは、現行のネットワークと100%互換可能です。 既存の業界標準のデータネットワークとストレージネットワークへシームレスに接続し、機器の各部分を交換する必要はありません。

すべての接続ニーズに対応する1つの標準: 1つのHPE バーチャルコネクト SE 40Gb F8モジュールが、Ethernet、ファイバーチャネル (FC)、Fibre Channel over Ethernet (FCoE) およびAccelerated iSCSI接続に対応したライセンス不要のマルチプロトコルサポートで、あらゆるデータおよびストレージ接続のニーズを満たします。

他のソリューションと違い、SANトラフィックをLANに再ルーティングせず、LANおよびSANへアップリンク直接接続するため、現在のITプロセスを維持できます。