Synergy Virtual Connects

HPE バーチャルコネクト SE 16Gb ファイバーチャネルモジュールは、フレームをSANから明確に分離することで、Synergyコンピュートモジュールとの接続を簡素化するSANインターコネクトです。 ケーブルとSANスイッチ管理ドメインを削減することでSynergyモジュールのファイバーチャネルネットワークへの接続プロセスを簡素化し、数分でSynergyコンピュートモジュールを変更します。 コストを削減してSANへの接続を簡素化し、ネットワーク接続を統合することができます。また、管理者はSynergyコンピュートモジュールリソースを即座に追加、交換、リカバリすることができるようになります。 標準ベースであり、ファイバーチャネルネットワークに対するパススルーデバイスのように見えますが、SANへのハイパフォーマンス16Gbアップリンクを含む統合スイッチングのすべての主要なメリットを備えています。 統合設計では、ラックスペースが開放され、電力および冷却要件が削減される一方、ケーブル数が減少し、スモールフォームファクターのプラグ接続タイプのトランスミッターを使用できます。

機能

SynergyコンピュートモジュールをファイバーチャネルベースのSANに接続するもっとも簡単な方法

HPE バーチャルコネクト SE 16Gbファイバーチャネルモジュールは、他のすべてのNPIV標準ベースのSANスイッチ製品と互換性があります。 ハイパフォーマンスでエンドツーエンドの接続をご希望のSANファブリックで提供します。

ケーブルの複雑さを軽減しながら、SANネットワーク用のシンプルなFCホストバスアダプター (HBA) として機能します。 コンピュートモジュールへの変更はすべて、関連するネットワークにおいて透過的に実施され、SynergyコンピュートモジュールとSANが明確に分離されるため、SAN管理者のメンテナンスの手間が軽減されます。

業界をリードするソフトウェアデファインド、インフラストラクチャベースのHPE OneViewによって管理されます。 HPE OneViewを使用することで、SAN管理者は使用可能なSAN、Synergyコンピュートモジュール接続を定義し、Synergyコンピュートモジュール接続プロファイルを管理できます。

仮想化SynergyコンピュートモジュールとSANファブリック間にシンプルでシームレスな接続を提供します。

可用性の高い非集約型アーキテクチャーベースのHPE バーチャルコネクト SE 40GB F8モジュールを補完します。 両方のバーチャルコネクトモジュールはソフトウェアデファインドでインフラストラクチャベースのHPE OneViewによって管理されます。