Synergy Virtual Connects

コンピューティングモジュールとSANを接続する方法を簡素化する必要に迫られていませんか。HPE Synergy向けのHPE Virtual Connect SE 16Gbファイバーチャネルモジュールは、フレームとSANを明確に分離してSynergy Compute Moduleの接続を簡素化するSANインターコネクトです。ケーブルとSANスイッチの管理ドメインを削減してファイバーチャネルネットワークへのSynergyモジュールの接続プロセスを簡素化し、Synergy Compute Moduleを数分で変更します。お客様は、コストの削減、SANへの接続の簡素化、ネットワーク接続の統合を実現できるほか、管理者がSynergy Compute Moduleのリソースをオンザフライで追加、交換、およびリカバリできるようにすることもできます。この標準ベースのファイバーチャネルモジュールは、ファイバーチャネルネットワークへのパススルーデバイスのようにも見えますが、SANへのハイパフォーマンスな16Gbアップリンクを含む、統合型のスイッチが持つ主要なメリットをすべて備えており、統合設計によって、ケーブルを減らしてプラグで接続可能なスモールフォームファクターのトランスミッターを活用すると同時に、ラックスペースを解放し、必要な電力/冷却を減らします。

最新情報

  • ビジネスプロセスの変更に伴って、既存の部品番号に代わる新しい部品番号が使用されることになりました。詳細については、QuickSpecsを参照してください。

機能

SynergyコンピュートモジュールをファイバーチャネルベースのSANに接続するもっとも簡単な方法

HPE バーチャルコネクト SE 16Gbファイバーチャネルモジュールは、他のすべてのNPIV標準ベースのSANスイッチ製品と互換性があります。 ハイパフォーマンスでエンドツーエンドの接続をご希望のSANファブリックで提供します。

SANネットワークへの接続を確立するシンプルなファイバーチャネルホストバスアダプター (HBA) として機能し、ケーブル配線を簡素化します。コンピューティングモジュールのすべての変更が関連するネットワークに対して透過的に行われ、Synergy Compute ModuleとSANが明確に分離されるため、SAN管理者のメンテナンス作業の負荷が軽減されます。

業界をリードするソフトウェアデファインド、インフラストラクチャベースのHPE OneViewによって管理されます。 HPE OneViewを使用することで、SAN管理者は使用可能なSAN、Synergyコンピュートモジュール接続を定義し、Synergyコンピュートモジュール接続プロファイルを管理できます。

仮想化SynergyコンピュートモジュールとSANファブリック間にシンプルでシームレスな接続を提供します。

可用性の高い非集約型アーキテクチャーベースのHPE バーチャルコネクト SE 40GB F8モジュールを補完します。 両方のバーチャルコネクトモジュールはソフトウェアデファインドでインフラストラクチャベースのHPE OneViewによって管理されます。