HPE Synergy ファブリック インターコネクト

オーバーサブスクリプションのボトルネックを持つNorth-Southデザインに基づく従来の階層型アーキテクチャーを、フラットなEast-Westアーキテクチャーに統合し、仮想マシンやHPE Synergyコンピュートモジュールの大規模ドメイン内での単一ホップのみを使用して、データスループットを向上させて、レイテンシを低減したいと思いませんか。HPE Virtual Connect SE 100Gb Synergy用モジュールは、25/50Gbのダウンリンク速度、100Gbのアップリンク速度、16/32Gbのコンバージドファイバーチャネルによって、要求の厳しいワークロードに対して最新レベルのパフォーマンスを提供します。モジュールの分散ラックスケールデザインではマスター/サテライトアーキテクチャーを採用し、データセンターのネットワーク接続を統合し、ハードウェア数が削減して、複数のHPE Synergyフレーム間のネットワーク帯域幅を拡張します。マスターモジュールには、インターコネクトリンクモジュールによってサテライトフレームへの接続を拡張するインテリジェントなネットワーク機能が備わっているため、必要なトップオブラックスイッチの数を減らすことができ、コストが大幅に削減されます。

最新情報

  • 25/50/100Gbイーサーネットをサポート
  • 8/16/32Gbコンバージドファイバーチャネルをサポート
  • 大規模ネットワークセット (LNS) をサポート
  • RoCE v1/2をサポート
  • HPE Synergy 4820CおよびHPE Synergy 6820Cコンバージド ネットワークアダプターをサポート

機能

最新のファブリック帯域幅によるアップリンクコスト効率の強化

HPE Virtual Connect SE 100Gb F32スイッチモジュールは、25/50/100Gbのパフォーマンスを提供し、HPE Synergyのマスター/サテライトネットワークアーキテクチャーのもたらすコストメリットを実現します。Synergyフレームからのアップリンクを統合してアップストリームポートのコストを削減します。

HPEコンポーザブル・インフラストラクチャによるファブリックの効率、信頼性、および管理性の向上

HPE Virtual Connect SE 100Gb F32 Synergy用モジュールは、HPE Synergyの革新的な分散ラックスケールデザインによって、データセンターのネットワーク接続を統合し、ハードウェアを削減し、複数フレーム間のネットワーク帯域幅を拡張します。

HPE Synergyのテンプレートベースのプログラミングによるソフトウェア デファインド インテリジェンスを使用して、シンプルで信頼性に優れていてプロビジョニングが高速なHPE Virtual Connect SE 100Gb F32モジュールを活用できます。

HPE Synergy Composerから1つのツールによるワンステップのテンプレートベースの操作で、HPE Synergyインフラストラクチャ全体と連携してHPE Virtual Connect SEのファームウェアアップデートをスムーズにオーケストレーションできます。

業界の実績あるVirtual Connectテクノロジーをベースに

HPE Virtual Connect SE 100Gb F32 Synergy用モジュールは、ネットワークへの1つの柔軟なインターコネクトインターフェイスを提供します。1台のデバイスで、データセンターでよく利用されている イーサーネット、ファイバーチャネル (FC)、Fibre Channel over Ethernet (FCoE)、iSCSIなどのネットワークプロトコルをサポートします。

データおよびストレージ接続のパフォーマンスを細かく調整することで、仮想マシンやターゲットワークロード個別のニーズを満たします。

iSCSIおよびFCoEプロトコルの処理をハードウェアレベルで完全にオフロードしてHPE Synergyコンピュートモジュールに接続することで、ホストCPUのパフォーマンスへの影響を最小限に抑えて、ストレージ接続のパフォーマンスを向上させます。

ハードウェアベースの25/50GbEのパフォーマンスで、移行中およびリカバリ中に仮想サーバーホスト間で超高速通信を行うことができます。