HPE Synergy ファブリック インターコネクト

レガシー階層型アーキテクチャーベースの50Gbアーキテクチャーを統合したいと思いませんか。あるいは仮想マシンやコンピュートモジュールの大規模ドメイン内での単一ホップのみを使用して、データスループットを向上させて、レイテンシを低減する必要がありますか。HPE SynergyコンポーザブルファブリックのHPE Synergy 50Gbインターコネクトリンクモジュールによって、サテライトフレームからマスターフレームへの接続が拡張されます。分散ラックスケールデザインに基づいてマスター/サテライトアーキテクチャーを使用して、データセンターのネットワーク接続を統合し、ハードウェア数を削減し、複数のHPE Synergyフレーム間のネットワーク帯域幅を拡張します。マスターモジュールには、サテライトモジュールを備えたフレームへの接続を拡張するインテリジェントなネットワーク機能が備わっているため、必要なトップオブラックスイッチの数を減らすことができ、コストが大幅に削減されます。さらに、コンポーネント数の削減により、データセンターのアグリゲーションレイヤーで使用されるポート数が減ると同時に、ファブリック管理が大幅に簡素化されます。

最新情報

  • HPE Synergy VC SE 100Gb F32モジュールを最大5台のフレームに帯域幅を拡張できます。
  • 25Gbまたは50Gbの速度では1つのインターコネクトリンクモジュールを使用します。

機能

相互接続の固定比率の必要性を抑え、コストと複雑性を大幅に削減

HPE SynergyコンポーザブルファブリックのHPE Synergy 50Gbインターコネクトリンクモジュールによって、サテライトフレームからマスターフレームへの接続が拡張されます。この接続では、ゼロレイテンシケーブルが使用され、インターコネクトの固定比率がリソースのネットワーキングプールの変動比率に置き換えられます。

サテライトフレームではマスターモジュールのすべてのメリットが継承されます。HPE Synergy 10Gbインターコネクトリンクモジュールが1つあるマスターモジュールには、追加サテライトフレームを最大で4つ接続できます。

サテライトフレームを追加しても、同じマスターモジュールに接続されているHPE Synergyコンピュートモジュール間のEast-Westトラフィックのホップ数は増えません。マスターモジュールでは、ホップ数が1のHPE Synergyコンピュートモジュールを最大60台サポートすることができます。

HPE Synergy 50Gbインターコネクトリンクモジュールを備えたフレームを追加しても、集約スイッチ上のポートは使用されません。