HPE Synergy 3820C 10/20Gbコンバージドネットワークアダプターは、HPEコンポーザブルファブリックの重要な要素です。信頼性が高く、高パフォーマンスで10Gbまたは20GbのEthernet接続が可能なネットワークに、コンピュートリソースのプールを接続します。 Flex-20テクノロジーを搭載したSynergy 3820Cは、EthernetおよびFCoEを1つの接続にまとめています。これによりハードウェアを簡素化し、コストを削減できます。 各アダプターは、10Gb NICおよび8GbファイバーチャネルHBAと交換され、I/Oハードウェアを50%[1]簡素化し、コストを最大60%[2]削減します。 Synergy 3820Cは、あらゆる仮想化データセンターまたはコンバージドデータセンターに最適です。 HPE Synergyの特徴でもあるソフトウェアデファインドをベースにテンプレートを手動で摩擦なく運用することで、シンプル、確実かつ迅速にSynergy 3820Cをプロビジョニングおよびアップデートできます。 HPE Synergy コンポーザーは、適切なファームウェアとドライバーを自動的に調整します。これには、ワークロードの中断を回避するための段階的なアップデートを含みます。

機能

あらゆるワークロードに対応

HPE Synergy 3820C 10/20Gbコンバージドネットワークアダプターは、各接続内のEthernetやFCoEまたはiSCSIを含む、複数のネットワークフローを構成する柔軟性を提供しています。

Flex-20テクノロジーにより、最大で4つに分割されたFlexNICおよびFlexHBAの帯域幅を詳細に調整します。これにより、アプリケーションの異なるニーズに合わせて接続を最適化できます。

単一のメザニンフォームファクターにより、あらゆるHPE Synergy コンピュートモジュールで柔軟なネットワークおよびストレージI/Oを使用できます。

迅速な動作

HPE Synergy 3820C 10/20Gbコンバージドネットワークアダプターは、コンピュートI/Oボトルネックを排除するために、帯域幅を2倍にしました。これにより、パフォーマンスが向上し仮想化ワークロードが加速します。

20Gbの各アダプターは、ハードウェアの加速とステートレスTCP/IPオフロードテクノロジーを使用して、10Gb以上のアダプターを持つSynergyコンピュートモジュールにおけるCPUを向上します。

最大80Gb/秒の統合された双方向のEthernet帯域幅を提供します。

効率的な作業

HPE Synergy 3820C 10/20Gbコンバージドネットワークアダプターは、サーバーI/O接続を強化することにより、NIC/HBAアダプター、ケーブル配線、スイッチポートの必要性が低減します。

HPE Synergyテンプレート主導のサーバープロファイルを使用して、すべてのアダプターの迅速かつ一貫したプロビジョンおよびアップデートを実行します。

単一のツールであるHPE Synergy コンポーザーから、HPE Synergyインフラストラクチャ全体で、信頼性のあるアダプターファームウェアのアップデートを実行します。

  • 1.
    HPE内部分析による。1つのコンバージドネットワークアダプターにより、EthernetアダプターおよびHBAファイバーチャネルアダプター、あるいは1つに対して2つのアダプターを別途用意する必要がなくなります。
  • 2.
    HPE内部分析による。ILP価格設定に基づき、1つのコンバージドネットワークアダプターにかかるコストと、別のEthernetアダプター、別のファイバーチャネルHBAアダプターおよび必要なトランシーバーにかかるコストを比較しました。