Synergy Compute Module

HPE Synergy 660 Gen9コンピュートモジュールは、要求の厳しいエンタープライズレベルのデータ集約型ワークロードに対応し、より高度なパフォーマンスとスケーラビリティを提供します。 強力なプロセッサー (最大4基のインテル® Xeon® E5-4600シリーズ)、広範なメモリフットプリント (48のDIMMスロットで最大3TBのDDR4メモリ)、および柔軟なI/O構成によって、構造化データベースやビジネス処理アプリケーションなどの大量のワークロードに必要な処理能力とメモリサポートを提供します。

機能

あらゆるワークロードを実行

HPE Synergy 660 Gen9コンピュートモジュールは、4ソケットのフルハイトフォームファクターで最大3TBのHPE DDR4 SmartMemoryを備え、インテル® Xeon® E5-4600シリーズプロセッサーを全ての範囲においてサポートします。要求の厳しいワークロードを十分に処理できる卓越した容量、効率、柔軟性を提供します。

コンピュートモジュールのコンポーザブルな柔軟性によって、NVMeおよびHPEコンポーザブルストレージのサポートを含め広範なワークロード要件に適合できるようストレージの選択を最適化します。

6つのメザニンコネクターとシンプル化されたI/Oアーキテクチャーが信頼性を向上し、投資収益率を高める将来を見据えた設計をもたらします。

高速に移動

HPE Synergy 660 Gen9コンピュートモジュールは、自動検出が可能で、迅速にプロビジョニングでき、管理が容易でシームレスに構成・再構成できるコンピュートリソースを提供しています。これにより、変化の激しいワークロードのニーズにも適切なコンピュートキャパシティを提供できます。

HPE Synergyにおけるテンプレートベースのプロビジョニングにより、サービスを開始するまでの時間を短縮します。たったひとつのユーザーインターフェースよりコンピュートモジュールのステータス、及びプールされたストレージやネットワークのコネクティビティ、及びブートイメージ等を定義できます。

効率的な作業

HPE Synergy 660 Gen9コンピュートモジュールはエンタープライズクラスの可用性を実現し、IT部門はテンプレートベースの操作を通じて迅速かつ確実に変更を実装できます。これによりダウンタイムが削減され、手動操作によってエラーが生じる可能性も低減されます。

ファームウェアのアップデート、ストレージの追加、ネットワーク接続の変更などのHPE Synergyインフラストラクチャの変更は、ソフトウェアデファインドインテリジェンスを通じて自動的に実装されます。

  • Intel®は、米国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。
  • Xeon®は、米国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。