Synergy Compute Module

HPE Synergy 480 Gen9コンピュートモジュールは、2ソケット、ハーフハイトフォームファクターで、要求の高いワークロードに対応する優れたキャパシティ、効率性および柔軟性を提供します。 Intel®の最新のE5-2600 v4プロセッサーを備えたHPE DDR4 SmartMemoryは、最大で1.5TB、柔軟なストレージコントローラーオプション、3つのI/Oコネクターをサポートしており、コンポーザブル・インフラストラクチャ内の柔軟なコンピュートキャパシティのプールを作成するよう設計されています。HPE Synergy 480 Gen9コンピュートモジュールは、汎用的なエンタープライズワークロードパフォーマンスに、今もそして将来も最適なプラットフォームです。

機能

あらゆるワークロードを実行

HPE Synergy 480 Gen9コンピュートモジュールは、2ソケットのハーフハイトフォームファクターのコンピュートモジュールで、最大で1.5TBのHPE DDR4 SmartMemoryおよびIntel® Xeon® E5-2600 v4プロセッサーをサポートしています。これにより、共同作業/コンテンツ/ビジネスアプリケーション、IT/WebインフラストラクチャおよびHPCなど、要求の高いワークロードをサポートできるようになります。

フレキシブルで多様な設計により、ドライブのないステートレス構成、最大で2つのSFFまたは4つのuFFドライブ、NVMeワークロードアクセラレータ、また直接接続にて構成可能なストレージをサポートしています。これにより、要求の高いワークロード、データ保護、データセキュリティ要件を満たすことができます。

シンプル化されたI/Oアーキテクチャーを採用した3つのメザニンコネクターを実装しています。これにより、ROIを向上するための拡張、ファブリックの選択、また長期にわたる設計が可能となります。

迅速な適応力

HPE Synergy 480 Gen9コンピュートモジュールは、自動検出が可能で、迅速にプロビジョニングでき、管理が容易でシームレスに構成・再構成できる、コンピュートリソースを提供しています。これにより、変化の激しいワークロードのニーズにも適切なコンピュートキャパシティを提供できます。

HPE Synergyにおけるテンプレートベースのプロビジョニングにより、サービスを開始するまでの時間を短縮します。たったひとつのユーザーインターフェースよりコンピュートモジュールのステータス、及びプールされたストレージやネットワークのコネクティビティ、及びブートイメージ等を定義できます。

効率的な作業

HPE Synergyインフラストラクチャは、ファームウェアのアップデート、ストレージの追加、ネットワーク接続といった変更は自動的に行われます。これは、ソフトウェアでファインドインテリジェンスおよびテンプレートを使用して実施され、ダウンタイム、手動での運用およびエラーを削減します。

  • Intel®は、米国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。Xeon®は、米国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。NVIDIA®は、米国およびその他の国におけるNVIDIA Corporationの登録商標です。AMD®、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。