テープオートローダ

HP StoreEver 1/8 G2 テープ オートローダーは、省スペースで大容量バックアップを実現するリーズナブルな1Uサイズのテープオートローダです。最新のLTO6 Ultrium 6250ドライブ搭載のモデルは、最大50TB(2.5:1 圧縮時)の大容量データの自動化バックアップを実現します。また、テープオートローダーでは、テープの交換やバックアッププログラム起動などの作業が不要になり、管理者の工数を削減します。さらに、標準装備のバーコードリーダと取り外し可能な2つの4スロットマガジンによりメディアを簡単に管理することができます。

最新情報

  • HPE StoreEver 1/8 G2テープオートローダーは、LTO-8 Ultrium 30750テープドライブでご利用いただけます。
  • LTO-8 Ultrium 30750を搭載した1/8 G2テープオートローダーは、合計で最大240TBの圧縮容量を、300MB/秒のネイティブ転送速度で保存できます。
  • HPE StoreEver 1/8 G2オートローダーは、HPE StoreOpen Standalone for LTFSでサポートされています。
  • 1/8 G2テープオートローダーでは、LTO-7を初期化したLTO-8タイプMメディアがサポートされています。

機能

リーズナブルに大容量バックアップ: 低価格で小型サイズなのに、最大50TB(2.5:1 圧縮時)の大容量データの自動化バックアップを実現します。(LTO6 Ultrium 6250搭載モデル)

豊富なラインナップ:お客様のニーズに合わせて搭載LTOドライブを選択できます。LTO6 Ultrium 6250 FC、LTO6 Ultrium 6250 SAS、LTO5 Ultrium3000 FC、LTO5 Ultrium3000 SAS、LTO4 Ultrium1760 SAS、LTO4 Ultrium1760 SCSIテープドライブ搭載モデルをご用意しています。

簡単メディア管理:バーコードリーダによりメディア1本1本を管理。メディアの追跡を円滑化し、管理者の工数を削減します。

管理性: 各オートローダーに、テープ メディア カートリッジのインポート/エクスポートを専門的に行うメールスロットを1つを装備。 また、オートローダーは、メディアをまとめて搭載できる取り外し可能な4スロットマガジンを2つ備えており、設置場所からメディアを移動させる場合に便利なユニット構成になっています。

下位互換性:LTOテクノロジーはデータの下位互換性を保証しており、下位世代ドライブで保存したテープ メディアの読込み(2世代前まで)と書込み(1世代前まで)が可能です。例えば、LTO6 Ultrium 6250 テープオートローダーは、LTO5とLTO4データカートリッジに保存したデータの読込みと、LTO5データカートリッジに保存したデータへ追加書込みが可能です。

管理性:Webベースの管理ツールHP Library and Tape Toolsを使用すれば、どこからでもテープオートローダーの設定、監視、制御が可能です。

  • 1.
    LTO-8カートリッジ使用時 (2.5:1圧縮時)