HPE StoreFabric SAN Directorスイッチポートフォリオは、業界で最も強力なファイバーチャネルスイッチングインフラストラクチャです。 エンタープライズデータセンター、プライベートクラウドのストレージ、および高度な仮想化環境に適した、信頼性と拡張性が高く高性能な基盤を提供します。 HPE StoreFabric SN8000B Directorスイッチは、Hewlett Packard Enterprise DC SAN Directorスイッチの実証済みのテクノロジーを活用しており、8スロットの14Uシャーシと4スロットの9Uシャーシで構成されています。 このダイレクターでは、最大512個のGen 5テクノロジー16Gb FCポートおよび最大32個のQSFPベースのICLs (Inter Chassis Links) が提供されます。これらは128個の16Gb FCポートと同等です。 また、帯域幅の総計で最大10.2Tb/s、スロット帯域幅で最大512Gb/sが提供されます。 新しい64ポートQSFPベースの16Gb FCの高密度ブレードは16Gb/sで2:1サブスクリプションを提供します。これによりポート密度が33%増加し、64ポート8GBブレードと比較してケーブル配線が最大75%削減され、さらにはGbあたりのワット数が減少します。

最新情報

  • 最大16.2Tbpsの集約シャーシ帯域幅を提供可能な、業界をリードするGen6 (32Gb) SN8600B SANダイレクター (8スロットおよび4スロット構成) を提供開始。
  • SN8600B SANダイレクターのグローバルな接続性のためのGen6 (32Gb) 48ポートブレードおよびSAN Extensionブレードを提供開始。
  • 特定有害物質使用制限指令のサポート。 (RoHS) に加え、RoHS 2016要件もサポート。

機能

業界をリードする性能

Hewlett Packard Enterprise StoreFabric SN8000B SAN Directorスイッチは、業界をリードするGen 5テクノロジー16Gb/秒のパフォーマンスと最大10.2Tb/秒のシャーシ帯域幅を提供しています。これにより、プライベートクラウドのストレージや高度な仮想化環境向けのI/Oおよび帯域幅を集中的に使用する次世代アプリケーションにも対応できます。

SN8000B SAN Director 64ポート16Gb FC QSFPブレードを搭載した業界最高のポート密度 現在8Gb FC/64ポートのブレードおよびポート数をスケールアウトしたデータセンターを使用しており、ラックスペースを削減しながら需要の急上昇にも対応しなければならないスケールニーズをお持ちの企業に最適です。

すべてのSAN Directorスイッチはローカルスイッチの機能を提供し、同一のポートグループ内のデータトラフィックがスロットの帯域幅を消費することなく、回線レートのポートの数を最大化します。

スケールアウトネットワークの設計を簡素化

ネットワークソリューションにより、幅広い互換性を持つ簡素化された低レイテンシのシャーシ接続性により、複雑性を低減し、コストを削減できます。 SSDベースのストレージ、たとえば オールフラッシュアレイなどに適しています。

スイッチ間のケーブルを最大で75%を削減し、複雑性の低減および管理タスクの削減を実現できます。

サーバーとストレージのポートを最大で33%維持し、全体的なポート密度を濃度を最小限のラックスースで最大化することができます。

単一のSN8000B Directorブレードで64ポート密度を備えた最高レベルの16Gb FCブレードです。

ビジネス継続性およびディザスタリカバリソリューションを最適化

ネイティブ10Gb/sファイバーチャネルや10GbE FCIP拡張サポートがある、MetroまたはWANリンク経由の柔軟で高速のレプリケーションソリューションを実現します。

ワイヤースピードでのインフライトデータの暗号化に対する不正アクセスのリスクを最小限に抑えます。

ワイヤースピードでのインフライトデータに対する帯域幅のコストを削減します。

配備を簡素化し、コストを削減

SN8000B SAN Directorスイッチは、新しいインラインポートの診断と高度な監視によって、配備およびトラブルシューティングのタスク処理を高速化します。

HPE SAN Network Advisorを使用して、サーバー接続とネットワークリソースの管理を簡素化して一元化します。

SN8000B SAN Directorスイッチは、ファブリック全体の電源監視を一元化し、運用効率の改善をサポートします。