絶えず変化し成長を続けるビジネスの要求を満たすために、ストレージネットワークインフラストラクチャのモダナイゼーション、より少ない設置面積での大規模な拡張、人的ミスを削減するための手順の自動化、効率の向上をお考えですか? HPE StoreFabric SANダイレクターポートフォリオは、強力かつ信頼性に優れたファイバーチャネル (FC) およびマルチプロトコルに対応したスイッチングインフラストラクチャを提供することにより、フラッシュストレージおよび新たに登場したNVMeベースのストレージの性能を最大限に引き出します。ハイブリッドIT環境のエンタープライズデータセンター、クラウドストレージ、高度な仮想化環境、オールフラッシュストレージに適した、ミッションクリティカルで拡張性が高く高性能な基盤を提供します。HPE SANダイレクターポートフォリオには、HPE StoreFabric SN8600B 32Gb FCスイッチおよびHPE StoreFabric SN8000B 16Gbスイッチが含まれます。HPE StoreFabric SANダイレクターは、8スロットの14Uシャーシと4スロットの8Uシャーシで構成され、最大512個のGen6 32Gb FCポートおよび最大32個のQSFPベースのICL (128個のFCポートに相当) を提供可能です。

最新情報

  • 新登場のHPE StoreFabric SN8600B 64ポート32Gb統合ファイバーチャネルブレードは、512ポートに拡張可能で、最大20Tbpsの総システム帯域幅を提供1
  • 堅牢なGen6の機能を備えた64ポート32Gb QSFPブレードは、FC、FCoE、およびNVMeの各ファブリックに柔軟に対するマルチプロトコルと、NVMe-FCトラフィックの強化された監視を実現
  • 32Gb短波長QSFPトランシーバー (ブレークアウト機能付き)、32Gb長波長2km QSFPトランシーバーが購入可能
  • 最大16.2Tbpsの集約シャーシ帯域幅を提供可能な、ファイバーチャネルGen6 (32Gb、8スロットおよび4スロット構成) を提供開始。
  • 新しい自動化機能により、DevOpsにおいてオープンAPIとAnsible自動化エンジンを通じたSANリソースの自動化とオーケストレーションを実現すると同時に、大規模環境に対するビルディングブロックとしても機能します。

機能

パフォーマンスの向上

HPE StoreFabric SANダイレクターは、32Gbpsのファイバーチャネルのパフォーマンスと最大16.2Tbpsのシャーシ帯域幅により、大量のI/Oおよび帯域幅を消費する次世代アプリケーションが使用される、プライベートクラウドストレージや高度な仮想化環境に対応します。

64ポート32Gb QSFP、48ポート32Gb FCブレード、および32Gb SAN拡張ブレードの使用により、最大10億IOPSのフラッシュベースのストレージワークロードをサポートします。

高密度な仮想マシン (VM) 導入向けに最大2倍向上可能なスループットと高速ファブリックにより拡張性が向上し、ファイバーチャネルリンクを追加することなく、より多くのストレージデバイスをサポートできます。

HPE StoreFabric SANダイレクターファミリは、シャーシ、スロット間、およびポートのパフォーマンスを改善し、アプリケーションの迅速な導入を可能にします。

HPE StoreFabric SN8600B SANスイッチおよびHPE StoreFabric SN8000B SANスイッチは、ローカルスイッチ機能を提供することで、同一ポートグループ内のデータトラフィックがスロット帯域幅を消費するのを防止し、回線速度ポートの数を最大化します。

シンプルな管理

HPE StoreFabric SANダイレクターは、監視、管理、および診断を簡素化して、運用に影響を及ぼす前に問題を回避できるようにすることで、総所有コスト (TCO) の大幅な削減に貢献します。

HPE Smart SANはHPE SN8600B SANダイレクターと統合されて、SANファブリックの可視性を大幅に改善します。

新しいI/O InsightソフトウェアをGen6ファイバーチャネルと使用することで、SANの稼動状況に対する可視性が向上します。

統合されたネットワークセンサーによるI/Oパフォーマンスと動作のプロアクティブな監視により、問題に関する詳細な情報を提供し、サービスレベルアグリーメント (SLA) の向上を実現します。

新しい自動化を使って組織はプロビジョニングなどの大量のリソースを消費するタスクを迅速かつ確実に実行し、タスクをさらに短時間で完了できるように、中断しないSAN監視を有効にすることができます。自動化を使うと、組織は繰り返し実行される毎日のタスクを自動化し、整合性のある結果を得られます。

ビジネス継続性とディザスタリカバリの各ソリューションの改善

HPE StoreFabric SANダイレクターは、32Gb FCポートおよび1GbE/10GbE/40GbEポートを使用して、WAN接続を介したアプリケーションパフォーマンスの向上に必要な高い帯域幅、ポート密度、およびスループットを提供することにより、厳しいディザスタリカバリ (DR) 要件への対処を可能にします。

ワイヤースピードでの処理中データの圧縮により帯域幅コストを削減し、またデータのインフライト暗号化によりセキュリティを強化します。

16Gbおよび32Gbブレードに、ネイティブな10Gbpsファイバーチャネルサポートを提供します。

TCOの低減

HPE StoreFabric SN8600B SANダイレクターは、次世代のNVMeとファブリック全体でシームレスに統合します。

将来性を考慮した、Gen7ファイバーチャネル対応のストレージネットワークプラットフォーム

高密度かつコアツーエッジのアクティブ/アクティブなメッシュシャーシトポロジが可能になるため、スイッチ間のケーブル接続を最大75%削減できます。[2]

  • 1.
    64ポートブレードは、HPE SN8600B SANディレクター向けの48ポート ブレードよりもポート接続が33%向上します。
  • 2.
    2台の64ポートブレードは32個のISLケーブル接続をサポートし、一方48ポートブレードを使用すると同じISL接続に必要なのは128本のFCケーブルで、ケーブル接続が75%削減されます。