HPE 8/8 SANスイッチは、SMB企業を対象としており、エントリレベルのSANに最適です。また、コアツーエッジなSAN環境向けのエッジスイッチにも適しています。 8/8 SANスイッチは、システムパフォーマンスを向上させ、仮想サーバー配備の価値を最大限に引き出し、ストレージ全体のコストを削減するSAN接続を提供します。 8/8 SANベーススイッチは、新しい小さなSANインストレーションに対する手ごろな価格のシングルスイッチ接続を提供し、ストレージとサーバーのみに接続します。 オプションのフルファブリックSANスケーリングライセンスにより、他のスイッチに接続できるようになります。 これはフルファブリックライセンスを備えており、複数のスイッチに接続できます。 両方の8ポートスイッチは、最大24個の有効ポートに対して中断なく拡張可能な、拡張オプションを提供しています。 8/8 SANスイッチは、オートセンシング可能な1、2、4および8Gbの全二重型のパフォーマンスを提供しており、最大で128Gbのスループットを実現します。 8/8 SANスイッチは、投資保護を実現するために、現在の4Gb BシリーズSFPを搭載しており、必要であれば8Gb BシリーズSFPにアップグレードできます。

最新情報

  • 特定有害物質使用制限 (RoHS2) 指令、および2016 RoHS要件への準拠
  • BシリーズHBAを使用してServer Application Optimization(Power Pack+を通じて使用可能)を配備すると、物理サーバーと仮想マシンに対してアプリケーション性能全体が向上

機能

ハイ パフォーマンス

高密度の仮想化サーバー環境におけるパフォーマンスボトルネックを排除/回避します。

既存の環境に最低限を構成するだけで済むため、迅速な配備が可能です。 過去の投資と将来の投資を完全に保護し、可能なかぎり最も高いパフォーマンスを提供します。

非常に手ごろな価格で「Pay-as-you-grow (拡張に応じた支払い)」が可能な8ポートの拡張性により、極めて動的なビジネス環境でも中断することなく容易に拡張できます。

高スケーラビリティ

すべてのポートで並行ワイヤースピードをサポートすることにより、帯域幅の総計が全二重方式で最大384Gb/秒である高パフォーマンスシステムを提供します。

マルチベンダーファブリック環境へのシームレスなサーバー接続を実現し、スイッチのドメイン数を増やすことなく、多数のサーバーをSANファブリックへ接続できるようになります。

スイッチペア間で最大8個のポート (2、4、8Gb/秒の速度) を組み合わせて、最大64Gb/秒 (全二重方式で128Gb/秒) の速度で単一の論理ISLを構成することにより、最適な帯域幅使用率と負荷分散を実現。

TCOの抑制

ファブリック内の使用可能なすべてのパスにデータを自動的にルーティングすることで、ファブリック全体のパフォーマンスと負荷分散を最大化します。

SAN管理を簡素化し、ポート速度に対するアプリケーションパフォーマンス要件のマッピングの必要性がなくなります。

SANのパフォーマンスとリソース使用率を最大化する高度なファブリックサービス

投資保護

レイテンシが低下し、電力効率が改善され、信頼性が向上するとともに、高度なファブリックサービスを提供する、拡張性と柔軟性の高いプラットフォームが実現