StoreFabric Bシリーズスイッチ

ご使用のHP BladeSystem c-Classエンクロージャーに高性能なファイバーチャネルスイッチ機能を追加します。 HP BladeSystem c-Class向けBrocade 16Gb SANスイッチは、16Gb/sのパフォーマンスを備えた次世代の内蔵型ファイバチャネルスイッチです。 HP BladeSystem c-Classエンクロージャーの背面にホットプラグできます。統合された設計によって、ラックスペースの節約、電力/冷却機能の共有、配線とSFP(スモールフォームファクタープラグ対応)の削減を実現します。 外部スイッチによるトランキングサポートの強化によって、より高い帯域幅を提供し、要件の厳しいアプリケーションや高密度サーバー仮想化に対応します。 さらに、16または28個のオートセンシングポートによって低い帯域幅のコンポーネントに対応することで投資を保護します。お客様はアップグレードライセンスを利用することで成長に応じた拡張を行うことができます。 Brocade 16Gb SANスイッチは、スペースとコストの節約、SAN環境の簡素化、容易な配備と管理を実現し、高いスループットのアプリケーションで必要とされるパフォーマンスを提供します。

最新情報

  • HP BladeSystem c-Classエンクロージャー向けの新しい16Gb/sファイバーチャネル内蔵型スイッチ
  • 最大16個のダウンリンク内部ポートおよび12個の(SFP+またはSFP)アップリンク外部ポート(オプション)
  • c7000シャーシあたり最大6個のスイッチのサポート

機能

最先端の設計とパフォーマンスを介してデータセンターの統合とコスト削減を実現

HP BladeSystem c-Class向けのBrocade 16Gb SANスイッチは、最新の占有面積ゼロ設計によるHP BladeSystem c-Classエンクロージャーとのデータセンター統合だけでなく、電力/冷却機能の共有、ケーブルやSFPの減少、および設置面積の縮小などによるコスト削減を可能にします。

業界をリードする16Gb/sファイバーチャネルパフォーマンスにより仮想化環境に対応します。 内部と外部の両方の接続ポートが帯域幅の低いコンポーネントを自動検知するため、柔軟性と投資保護が実現されます(4または8Gb/s)。

HP BladeSystemでのI/O集約型アプリケーションの高密度な仮想化および配備を実現

HP BladeSystem c-Class向けのBrocade 16Gb SANスイッチは、最大で896Gb/sの全二重スループットに対応するノンブロッキングアーキテクチャーを提供します。

最大で8個のSANポートまでのポートトランキング(合計で最大128 Gb/sの均一スループット)に対応します。 外部BrocadeまたはHP BシリーズスイッチとのSAN接続ポートのトランキングにより、高帯域幅ソリューションを提供するとともに、SFPやケーブルを減少させてコストを削減します。

Adaptive Fabric Quality of Service、Traffic Isolation、Ingress Rate Limitingなどの新しいアダプティブ・ネットワーキング・サービスによって、データ フローの管理を向上させ、サービス品質保証契約(SLA)に適合するとともに、仮想環境における最適化されたアプリケーション・パフォーマンスを維持することができます。

管理プラットフォームおよびツールとの統合を介してデータセンター管理を簡素化

HP BladeSystem c-Class向けのBrocade 16Gb SANスイッチは、BladeSystem用HP Onboard Administrator、HP Systems Insight ManagerおよびHP Storage Essentialsと統合されます。

既存のHP Bシリーズ管理および監視ツールを活用します。

業界標準インターフェイスを使用して他のアプリケーションと管理を統合できます。