データセンターのデータ保護およびアプリケーション可用性に課題をお持ちですか。ヒューレット・パッカード エンタープライズとVeeamの提携から生まれた独自の機能により、インテリジェントなデータ管理が可能になりました。仮想、物理、クラウドのいずれの環境にも対応するVeeamの超高可用性プラットフォームが提供するエンドツーエンドのデータ保護ソリューションは、ポリシーベースから行動ベースまで、あらゆるデータの管理を進化させ、よりスマートにすると同時に自己管理できるようにし、高可用性を確保できます。HPE 3PAR StoreServおよびHPE Nimble Storageのプライマリアレイ、HPEデータ保護プラットフォーム、HPE StoreOnce、HPE StoreEverおよびその他のHPEストレージシステム (HPEサーバーとHPE SimpliVityを含む) を活用するVeeamソリューションのハイパーコンバージェンスにより、保護対象のワークロードはデータ損失に極めて高い耐性を持ちます。HPE StoreOnceシステムは、Veeamソフトウェア向けの効率的なストレージを提供し、リポジトリのバックアップおよび高速リカバリを可能にし、データ損失に備えた複数のリカバリポイントを提供します。

機能

エンドツーエンドのデータ可用性

HPEのポートフォリオ全体で利用できるVeeam® Availability Suite™は、組織の現在のサービスレベル目標の達成を支援し、ITサービスや関連するアプリケーション/データを分単位または秒単位でリカバリできるようにすることで、Always-On Enterprise™の可用性を実現します。

IT環境全体のワークロードを一元的に管理し、完全に可視化できます。

メールワークロードをOffice 365に移動させることは、Microsoft社がインフラストラクチャを管理することを意味します。Microsoft Office 365向けVeeamバックアップでは、Exchangeのオンラインメールデータにアクセスできなくなるリスクを低減して、可用性をユーザーに提供します。

サブスクリプションライセンスまたは永久ライセンスを選択でき、Veeamを前払いで購入するか、年払いで使用することができます。インスタンスライセンスは、オンプレミスやクラウドの環境に展開する多くの製品やワークロードに1つのライセンスで対応できる、新しいポータブルサブスクリプションライセンスです。

分単位でデータを復元する柔軟なリカバリ

Veeamソフトウェアは、HPEプライマリストレージが持つスナップショット機能を活用し、RTO 5分未満を実現して可用性を向上します。

クラウド内にあるデータ、およびクラウドとやりとりするデータを保護するので、VPNに接続しなくても、エンタープライズレベルのセキュリティとシンプルなオフサイトバックアップ/レプリケーションを実現できます。

保護されているVMを分単位で回復します。Veeam Instant VM Recoveryは、ダウンタイムの最小化を実現するため、バックアップファイルから直接実行することによって、実稼働環境を復元します。

HPEストレージシステムのスナップショットから、高速かつダイレクトで粒度の細かいリカバリを分単位で実現します。

リスクの軽減

新機能やアップデートのテスト、セキュリティテストやコンプライアンステストの実行、キャパシティプランニングの管理などを、本番環境システムに影響を与えずに実行できます。

自動ディザスタリカバリテストにより、保護ファイル、アプリケーション、仮想マシンを必要なときに復元できるか検証します。

問題をプロアクティブに発見し警告できるよう、IT環境を管理および監視します。

ディザスタリカバリ (DR) のプランニングと実行のプロセスを調整し、コンプライアンス準拠と効率化を実現します。

  • MicrosoftおよびWindowsは、米国およびその他の国におけるMicrosoft Corporationの登録商標または商標です。Linuxは、米国およびその他の国におけるLinus Torvalds氏の登録商標です。VMware vSphereは、米国およびその他の地域におけるVMware, Inc.の登録商標または商標です。その他すべてのサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。