ストレージ デバイス管理ソフトウェア

ITストレージ担当スタッフの作業効率を改善できる方法をお探しですか? HPE XP7 Automation Directorソフトウェアに、チームの潜在能力を十分に発揮させる答えがあります。このソフトウェアは、サービスデリバリ自動化エンジンを利用して、ルーチンタスクや反復タスクをカタログ化し、高度なプロセスだけでなく、迅速で予測可能なストレージサービスの提供を可能にします。このソフトウェアにより、ストレージインフラストラクチャ管理に革新的なアプローチをもたらします。自動的に、あるいはマウスを数回クリックするだけで、すぐに自分の環境をプロビジョニング、複製、分析、カスタマイズできます。実績のあるベストプラクティスを使用して最適化したテンプレートのサービスカタログが含まれます。テンプレートはService Builder を使用してカスタマイズ可能で、SAP®、Microsoft®、Oracle®、OpenStack®、VMware®など、お使いのワークロードを調整できます。HPE XP7 Automation Director ソフトウェアでインテリジェントオートメーションを実践すると、ストレージインフラストラクチャ管理の簡素化、生産性の向上、コストの削減、リソースの活用ができ、戦略的なイノベーションを実現できます。

機能

ストレージの自動プロビジョニング

HPE XP7 Automation Directorソフトウェアによって、時間のかかる繰り返しタスクと複雑なワークフローを使いやすいテンプレートに置き換えます。プロビジョニングは、完全に自動化されるか、または、マウスを数回クリックするだけの単純な作業になります。

人的ミスがダウンタイムの主要な要因である場合がよくあります。XP7 Automation Directorソフトウェアで、日常的に繰り返すタスクをサービステンプレートに置き換えると、信頼性が高く予測できる成果を繰り返し実現できるため、人的ミスを減らすことができます。確実なプロビジョニングの自動化を行えます。

サービスカタログを利用する簡単なプロビジョニング

HPE XP7 Automation Directorソフトウェアは、一般的なワークロードを網羅した既知のベストプラクティスを利用して、作成したテンプレートの事前入力済みのカタログを提供することにより、複雑さを軽減し、プロビジョニングを加速します。

ストレージの追加要求には、たとえその環境に新しく加わったアプリケーションの要求でも迅速に対応します。例えば、ある仮想環境におけるストレージ要求の場合、VMware ベースのベストプラクティスがある XP7Automation Directorソフトウェアサービスカタログからテンプレートを選択して展開します。

Service Builderでスクラッチからテンプレートをカスタマイズします。

HPE XP7Automation Director ソフトウェアには、しっかりした事前定義済みテンプレートのカタログが含まれていますが、新規アプリケーションには若干異なるワークフローが必要な場合があります。このソフトウェアに含まれているService Builderは、既存のテンプレートの修正や、カタログエントリの新規作成に必要なツールを備えています。

このソフトウェアのService Builderツールには、スクラッチからワークフローを作成する際に必要なものがすべて含まれています。Service Builderを使用すれば、自分の環境にリソースを接続する完全なカスタムワークフローのテンプレートを作成できるので、シンプルで質の高いプロビジョニングを繰り返し実行できます。

  • SAP®は、SAP AGの登録商標です。Microsoft®は、米国およびその他の国/地域におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。Oracle®は、米国およびその他の国/地域におけるOracle Corporationの登録商標です。OpenStack®は米国およびその他の国/地域におけるOpenStack Foundationの登録商標です。VMware®は米国およびその他の管轄区域におけるVMware, Inc.の登録商標です。