ストレージ デバイス管理ソフトウェア

HPE StoreOpen Software for LTFSでは、リニアテープファイルシステム (LTFS) の使用プロセスが簡素化されており、このテクノロジーをより簡単に活用できます。LTFSを使用すると、自己記述型でファイルベースの使いやすいテープを実現できるほか、ユーザーは、ハードディスクのように動作するインターフェイスを使ったファイルのアクセス、管理、共有を、テープメディア上で標準的なファイル操作によって実行することができます。HPE StoreOpen Software for LTFSには使い慣れたルックアンドフィールのネイティブGUIが装備されており、Windows®およびmacOS上のLTFSユーザーは、LTFSボリュームをすぐにマウントして使用できます。Linux®ユーザーは、使いやすいコマンドラインツールを通じてすべてのLTFS機能にアクセスできます。

最新情報

  • Windows OS上のHPE StoreOpen Software for LTFSが、HPE StoreEver MSLテープライブラリでサポートされるようになりました[1]

機能

長期間のアーカイブを実現するシンプルで手頃な価格のソリューション

HPE StoreOpen Software for LTFSにより、お客様はデータをオープンフォーマットで格納することで、自己記述型、ファイルベースの使いやすいテープを実現できます。

HPE StoreOpen Software for LTFSは、無料でダウンロードできます。

ハードドライブと同じように動作するインターフェイスを使用して、ファイルのアクセス、管理、共有が可能です。簡単なドラッグアンドドロップ操作でテープ上のファイルにアクセスできます。

ボリュームデータの共有を簡素化することでデータモビリティを向上

HPE StoreOpen Software for LTFSにはプラットフォーム間でデータを共有する機能があるため、USBドライブやメモリスティックと同様、ハードウェアやソフトウェアプラットフォームに依存しません。

Windows、Mac、Linuxと互換性があり、下位レベルの専用ソフトウェアアプリケーションは不要です。

  • 1.
    HPE StoreOpen Software for LTFSのHPE MSLライブラリサポートの詳細については、HPE StoreOpenのベストプラクティスガイドまたはユーザーガイドを参照してください。
  • Windowsは、米国およびその他の国におけるMicrosoft Corporationの登録商標もしくは商標です。Linuxは、米国およびその他の国におけるLinus Torvalds氏の登録商標です。その他すべての第三者の商標は、それぞれの所有者に帰属します。