Storage Applicationソフトウェア

お客様の会社では、どのようにデジタルトランスフォーメーションに対応していますか。データの増大や動的なビジネスニーズに対応するために、データセンターのパフォーマンス、アジリティ、および運用効率を大幅に向上させる必要に迫られていませんか。HPE Smart Fabric Orchestratorは、ストレージネットワークを最新化することにより、企業におけるストレージ投資の生産性の向上、拡張、および効率化を可能にします。SANの構成は面倒なことが多く、マルチプロトコル環境ではヒューマンエラーが発生しがちです。自動化、オーケストレーション、およびファブリックサービスを提供することにより、管理者がミスなくストレージをプロビジョニングし、ファブリックの耐障害性を向上させるためのファブリックサービスを設定できるようにします。HPE Smart Fabric Orchestratorは、Single Point of Connectivity Knowledge(SPOCK)でプロトコルに依存しないファブリック構成の妥当性確認を行い、構成エラーを削減する事前定義済みのテンプレートを使用してエンドツーエンドの診断を実行すると同時に、自己修復機能を備えた物理ポートの稼働状況を評価してファブリックを監視します。

機能

複数のプロトコルにわたるファブリックサービスを統合

HPE Smart Fabric Orchestratorは、HPE 3PAR製品ファミリのマルチプロトコルファブリックをエンドツーエンドに調整して監視し、ファブリックのアップタイム、耐障害性、および予見性を向上させます。HPE 3PARのFCおよびiSCSIプロトコルのための自動ファブリックサービス。

事前定義済みのカスタムテンプレートにより、ファブリック構成の整合性と再現性を確保できます。

特定のデバイスのエレメントを管理するために適用できる、事前構成済みのカスタム構成のテンプレートを短時間で作成し、ベストプラクティスの共有を促進しながらヒューマンエラーを削減することが可能です。

HPE SPOCK AssuranceによるSANの導入前の検証

HPE Smart Fabric Orchestratorは、ヒューレット・パッカード エンタープライズのストレージ、サーバー、ネットワークファブリックインフラストラクチャの導入前、または導入中にそれらの整合性、相互運用性、およびコンプライアンスを検証します。

的確なサポートと予測で情報に基づいた意思決定を行うことにより、SANとファブリックインフラストラクチャの稼働を最適な状態に維持できます。

ファブリックの稼働状況の評価、レポート、および改善。

ファブリックの管理対象エレメントをエンドツーエンドにビジュアル化

HPE Smart Fabric Orchestratorにより、管理者は管理対象エレメントのトポロジビューを作成するための一連のステップを開始すると同時に、接続されているデバイスをエンドツーエンドに把握してファブリックをビジュアル化できます。

HPE 3PAR、HPE StoreFabric Mシリーズイーサネットスイッチ、HPE StoreFabric Bシリーズファイバーチャネルスイッチ、HPEが認定したサードパーティのイーサネットスイッチ、アダプター (HBA、NIC、CNA)、ケーブル、光トランシーバーなどの管理対象のエレメントを検出できます。

エンドツーエンドの監視と自己修復機能

HPE Smart Fabric Orchestratorは、アクティビティを監視してアクション、監査、およびレポート作成のためのイベントを生成します。

管理者は、さまざまなパラメーターをエンドツーエンドに監視し、アラートとその他のファブリックサービスから情報を得て意思決定を行うことにより、状況を改善できます。管理者がストレージネットワーキングの問題を簡単に改善できる方法を提供。

根本原因分析、障害影響評価、および自己修復でパフォーマンスを向上させるために物理ポートの状態を監視して迅速に特定する、高度な診断評価が行える基本的な診断に対応したファブリック機能をベースとしています。

  • Windowsは、米国およびその他の国におけるMicrosoft Corporationの登録商標または商標です。Linuxは、米国およびその他の国におけるLinus Torvalds氏の登録商標です。VMware ESXは、米国およびその他の地域におけるVMware, Inc.の登録商標または商標です。その他すべての第三者の商標は、それぞれの所有者に帰属します。