Storage Replication ソフトウェア

パフォーマンスに影響を与えることなく、ビジネスクリティカルなアプリケーションを確実に保護する方法をお探しですか。HPE Recovery Manager Central (RMC) ソフトウェアは、スナップショット、バックアップ、複製データコピーを使用した柔軟なリカバリオプションにより、さまざまなDR要件に対応するRPO/RTOの目標に対応し、統合されたデータ保護を実現します。RMCは、アプリケーションサーバーに影響を与えることなく、サポートされているストレージプラットフォーム上でスナップショットベースの保護を自動化します。さらに、RMCのExpress Protectは、サポートされているプライマリストレージプラットフォームからHPE StoreOnce Backupシステムに直接、迅速かつ効率的にバックアップでき、ストレージアレイを超えた統合型のデータ保護を実現します。RMCは、VMware vSphere、MS SQL、MS Exchange、Oracle、およびSAP HANAデータベースと統合され、スナップショットとバックアップとアプリケーションの一貫性を保証します。さらに、RMCは、HPE 3PAR StoreServとHPE StoreVirtual VSAの間の双方向データコピーを実現するPeer Copyも提供します。

最新情報

  • HPE 3PAR StoreServアレイでのアプリケーションとの整合性のあるスナップショットとHPE StoreOnceシステムへのExpress Protectバックアップによって、MS Exchange Serversを保護します。
  • SAP HANA 2.0 SPS 01を使用するSAP HANAマルチテナントデータベースコンテナー (MDC) をRMC-SHがサポート。
  • HPE 3PAR StoreServアレイ上のアプリケーションデータの、パブリッククラウド上のHPE StoreOnce Cloud Bank Storageターゲットへのコピーをサポート。

機能

ビジネスクリティカルアプリケーション向けの統合データ保護

HPE RMCソフトウェアは、HPE 3PARアレイ、またはStoreVirtual VSAに保管されたビジネスクリティカルなアプリケーションデータについて統一されたデータ保護とデータコピー管理を実現し、スナップショット、複製データコピーまたはバックアップを使用する柔軟なリカバリオプションを提供します。

RMCは、HPE 3PAR StoreServ Virtual CopyとHPE StoreVirtualのスナップショット機能を活用して、容量効率の高いスナップショットを作成し、VMware vSphere、MS SQL、Oracle、SAP HANAなどのさまざまなアプリケーションと統合し、スナップショットとアプリケーションとの一貫性を確保します。

さらに、RMC Express Protect機能により、バックアップソフトウェアに依存せずに、サポートされているプライマリストレージプラットフォームからHPE StoreOnceシステムにアプリケーションデータを迅速かつ効率的にバックアップでき、必要に応じてStoreOnce Catalyst Copyを使用してDR (ディザスタリカバリ) 用としてオフサイトにコピーできます。

また、RMCは、段階的に変更されたブロックのみを迅速かつ効率的に移動し、3PARとStoreVirtual VSAストレージアレイ間で双方向のデータコピーを実現するPeer Copyを提供します。このコピーは、テスト/開発アプリケーション、ROBOデータ保護、または低コストのレプリケーション層として使用できます。

また、RMCは、REST API SDKによるプログラムのためのインターフェイスを提供しており、あらゆるビジネスアプリケーションと、サポートされているストレージプラットフォームのRMCのスナップショット、レプリケーション、およびバックアップ管理機能を統合できます。

VMware VMDKおよびデータストアのシンプルで自動化された、業務を中断しないバックアップとリカバリ

HPE RMC for VMware (RMC-V) なら、VM管理者は、HPE 3PAR StoreServストレージアレイ、StoreVirtual VSA でVMwareアプリケーションと整合性のあるスナップショットを作成、スケジュール、管理できます。

また、RMC Express Protect機能により、バックアップソフトウェアに依存することなく、サポートされているプライマリストレージプラットフォームからStoreOnce Backupシステムに直接、VMware VMおよびデータストアを自動的かつ高速に、そして効率的にバックアップできます。

VMware vCenter Server仮想化管理コンソールに統合され、一元的な管理が可能です。 スケジューラ機能によって、3PAR StoreServ、StoreVirtual VSA でのスナップショット作成と、StoreOnceへのExpress Protectバックアップが自動化されます。

スナップショットの効率性。個々の仮想マシンにインストールされている個別のエージェントを使用せずに容量効率の高いスナップショットを作成するために、HPE 3PAR StoreServ Virtual CopyとStoreVirtualスナップショット機能を活用したアレイベースのアプローチを使用します。

Element Recovery Technology (ERT) により、各VMまたはVM内の各ファイルをStoreOnceのExpress Protectバックアップからきめ細かくリカバリできるため、厳しいRTO目標でも達成でき、本番環境のVMの中断とダウンタイムが最小限に抑えられます。

データセンターからクラウドまで、MS SQL、MS Exchange、OracleおよびSAP HANAデータベースを保護

Microsoft SQLデータベース管理者 (DBA) はRMC for SQL (RMC-S) を使用することで、3PARアレイ上のSQLアプリケーションと一貫性のあるスナップショット、StoreOnce専用バックアップアプライアンスへのExpress Protectバックアップ、およびパブリッククラウド上のStoreOnce Cloud Bank Storageターゲットへのコピーを介して、SQLサーバーを保護できます。

Microsoft Exchange管理者はRMC for Exchange (RMC-E) を使用することで、3PARアレイ上のExchangeアプリケーションと一貫性のあるスナップショット、StoreOnce専用バックアップアプライアンスへのExpress Protectバックアップ、およびパブリッククラウド上のStoreOnce Cloud Bank Storageターゲットへのコピーを介して、Exchangeサーバーを保護できます。

Oracleデータベース管理者 (DBA) はRMC for Oracle (RMC-O) を使用することで、3PARアレイ上のOracleアプリケーションと一貫性のあるスナップショット、StoreOnce専用バックアップアプライアンスへのExpress Protectバックアップ、およびパブリッククラウド上のStoreOnce Cloud Bank Storageターゲットへのコピーの作成、スケジュール、管理を行えるようになります。

SAP HANAデータベース管理者 (DBA)はRMC for SAP HANA (RMC-SH) を使用することで、3PARアレイ上のSAP HANAアプリケーションと一貫性のあるスナップショット、StoreOnce専用バックアップアプライアンスへのExpress Protectバックアップ、およびパブリッククラウド上のStoreOnce Cloud Bank Storageターゲットへのコピーの作成、スケジュール、管理を行えるようになります。

  • VMware®は、アメリカ合衆国およびその他の司法管区におけるVMware, Inc.の登録商標です
  • vSphere®は、アメリカ合衆国およびその他の司法管区におけるVMware, Inc.の登録商標です。