HPE InfoSightによってストレージの管理およびサポートの方法が変わることで、問題や無駄な時間が削減されます。HPE InfoSightは、クラウドベースの予測分析と機械学習を通じて、ビジネスに影響が出る前に86%の問題を予測し解決し、99.9999%の可用性を保証します。[1]2 毎秒何百万ものセンサーが分析され相関させます。そのため、あらゆるお客様のシステムが時間の経過とともにスマートになり信頼性が向上し、大きな利益を得ることができます。HPE InfoSightは、インフラストラクチャを24時間365日で監視しているため、ストレージの問題への対応に深夜でも週末でも貴重な時間を費やす必要がなくなります。

機能

問題の予測と回避

プロアクティブな問題解決: HPE InfoSightは、サポートエンジニアが問題を把握する前に、その86%を自動的に予測して解決します。[1]

ストレージ以外の問題の解決: HPE InfoSightは、インフラストラクチャスタック全体からデータを収集し相関させることで、ストレージや仮想マシンなどの根本問題を明らかにします。実際、InfoSightが解決する問題の54%はストレージ以外にあります。[4]

既知の問題の防止: あるシステムで問題が検出されると、InfoSightは問題を予測し、インストール環境にあるほかのシステムで同じ問題が発生しないように予防します。

グローバルな可視化と学習機能

独自の機能: HPE InfoSightは、インフラストラクチャ全体を俯瞰しながら、過去から未来の問題にまで対応できます。ストレージから仮想環境に至るまでの詳細なヘルス情報とパフォーマンスインサイトを提供します。

計画の策定を簡素化: HPE InfoSightによって計画時における当て推量を取り除くことができます。キャパシティ、パフォーマンスおよび帯域幅のニーズを正確に予測します。インストールベースから学習した内容を通じて得られたモデルを使用して複数のシナリオを探索することもできます。

ストレージをもっとスマートに: インストールベースからもたらされる豊富なインサイトや経験から学習することにより、システムをさらに強化してその信頼性を高めることができます。

実際のニーズに合ったサポート

プロアクティブに問題が解決され、レベル1や2のサポートが不要になります。サポートが必要となる場合もまれにありますが、その場合、レベル3のサポート専門家と直接対話して迅速に問題を解決できます。大きな労力を伴うエスカレーションは不要となり、スムーズなサポート環境が実現されます。

根本原因の迅速な特定: HPE Nimbleのサポートエンジニアは、ストレージ、サーバー、OS、ハイパーバイザー、およびアプリケーションについて深い専門知識を有しています。HPE InfoSightは問題と環境に関するあらゆる情報をすでに収集しているため、非常に複雑な問題であってもその根本原因を簡単に特定できます。

HPE InfoSightサポートからの連絡: HPE InfoSightが自動的に解決できない問題が検出されると、問題がストレージ以外にある場合でも、HPEのエンジニアは問題をプロアクティブに調査し、問題を解決するために推奨される方法を提案します。誰に連絡するかを迷うことはありません。HPE InfoSight サポートからお客様に連絡します。

  • 1.
    出典: HPE Nimble Storageサポート組織によって収集された実際のお客様データに基づいています。https://www.hpe.com/h20195/v2/Getdocument.aspx?docname=a00018503ENW もご覧ください。
  • 2.
    出典: HPE Nimble Storageサポート組織によって収集された実際のお客様データに基づいています。https://www.hpe.com/h20195/v2/Getdocument.aspx?docname=a00018503ENW もご覧ください。
  • 3.
    出典: HPE Get 6-Nines Guarantee、HPE Nimble Storage、2017年9月。
  • 4.
    出典: HPE Nimble Storageサポート組織によって収集された実際のお客様データに基づいています。https://www.hpe.com/h20195/v2/Getdocument.aspx?docname=a00018503ENW もご覧ください。