クラウドへの移行準備は整っていますか。HPE Cloud Volumesなら、すばやくデータを移行できます。[2]HPE Cloud Volumesは、エンタープライズグレードのマルチクラウドストレージサービスを提供し、Amazon Web Services™およびMicrosoft® Azure™でアプリケーションを実行できます。エンタープライズグレードの信頼性とアプリケーションで求められる機能がある使いやすいクラウドストレージ。簡単にデータを移行できるように設計されており、ロックインされることなく、パブリッククラウドとデータセンター間で自由にデータを移動できます。HPE Infosightは、データがどこにあっても、スタック全体でグローバルな可視化を実現し、優れたインサイトを提供します。

機能

エンタープライズグレードのストレージ

HPE Cloud Volumesは、実績のあるストレージの可用性によって高い信頼性を実現しており、ネイティブのクラウドブロックストレージと比較して耐久性が数百万倍も優れます。[1]

インスタントスナップショットバックアップとクローンを使用して迅速にバックアップできるため、コピーをすばやく作成しデータを頻繁に保護できます。

256ビットの詳細な暗号化に基づく強力なセキュリティで、クラウド内のすべてのデータボリュームを確実に保護します。

必要な場所にデータを配置する

HPE Cloud Volumes with Cloud On-Rampサポートによって、データの迅速な取り込みが可能となり、クラウドへの移行が容易になり、時間のかかる手動の移行プロセスを回避できます。

複数のパブリッククラウドでデータを使用できます。ベンダーロックインせずに、大規模データの移行コストを回避できます。

データセンターをクラウド対応に。パブリッククラウドでもデータセンターでも、必要な場所に簡単にデータを移行できます。

サプライズのない環境へ—クラウドの内部を見通す

HPE Cloud Volumesによって、クラウドとデータセンターの両方を見通すことができるようになり、データがどこにあってもグローバルな可視化を実現できます。

HPE InfoSight予測分析は、スタック全体で問題を予測および回避でき、データ配置とリソース利用に関する優れたインサイトを提供し、突然のコスト発生を回避し、コストを削減します。

  • 1.
    Amazon Web Services EBSで公開されている0.1~0.2の年間障害発生率と比較して耐久性が数百万倍も高い。NimbleのアーキテクトSenthil Ramamoorthyによる計算。
  • 2.
    ※HPE Cloud Volumesは、現在米国のみでの提供です。
  • AmazonおよびAmazon Web Servicesは、米国およびその他の国におけるAmazonの商標、登録商標、またはトレードドレスです。Azure™は、米国およびその他の国におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。Microsoft®は、米国およびその他の国におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。