HPE StoreFabric融合型ネットワークアダプター (CNA) は、Fibre Channel over Ethernet (FCoE) 規格とConverged Enhanced Ethernet (CEE) 規格を使用して10GbE経由のEthernet接続、iSCSI接続、ファイバーチャネル (FC) 接続を提供するデュアルポートアダプターです。 Hewlett Packard Enterprise CNAは、Ethernet、iSCSI、ファイバーチャネルを融合型のアダプターに統合することで、既存のEthernetおよびファイバーチャネルイ ンフラストラクチャを保護しながら、データセンターで別々に必要とされていたアダプターとケーブルの数を減らし、運用、電力、および冷却の費用も削減しま す。 また、HPE CNAは、HPE ProLiantサーバーおよびHPE Top of Rack (ToR) スイッチを使用して徹底的にテストされているため、データセンターに最適なHewlett Packard Enterprise FCoEソリューションが確保されます。

最新情報

  • HPE CN1200Eデュアルポートコンバージド ネットワークアダプター

機能

融合型インフラストラクチャ

NIC (Ethernet/iSCSI) の機能とファイバーチャネルホストバスアダプター (FC HBA) の機能を単一のコンバージドアダプターに結合することで、アダプターとケーブルの数を減らし、取得原価と運用コストを削減します。

デュアルポート10GbE Ethernetコンバージドネットワークアダプター。

アクティブヘルスシステム(AHS)。

信頼性

Converged Enhanced Ethernet(CEE)機能を使用してファイバーチャネル・データ・パケットをFibre Channel over Ethernet(FCoE)経由で送信することで、最高レベルのデータ整合性とロスレスイーサネットを保証。

Hewlett Packard Enterprise ProLiantのストレージとネットワークへの接続を実現

HPE ProLiantサーバーをストレージおよびネットワーキング環境に接続するための、Hewlett Packard Enterpriseの広範囲に及ぶ相互運用性テストに合格したHPEブランドのコンバージドネットワークアダプターソリューションを提供。

BシリーズおよびCシリーズFCoE融合型ネットワークスイッチへの接続に最適。

柔軟な接続

SFP+ SR (オプティカル) 接続または直接接続銅ケーブル接続のうちどちらかを選べるため、HPE FCoEコンバージドネットワークスイッチへの接続をきわめて柔軟に行えます。