ビジネスでは数多くの課題に直面しますが、ストレージがその課題の1つになってしまうのはなぜでしょうか。 HPE StoreEasy 1000ストレージにより、最適化された効率的で安全な高可用性のストレージが得られ、ファイルおよびアプリケーションストレージに容易に対処できます。 小規模から中規模の企業、ブランチオフィスおよびワークグループ環境では、簡単かつ経済的な方法で、多数のユーザーをサポートするとともに、文書、画像、音声ファイル、ビデオ、アプリケーションワークロードなどの増大し続けるファイルを保存できます。 さらに、このストレージは非侵入型のデータ重複排除機能が含まれており、平均で50~60%のスペース節約を実現します[1]。 保存データや実行データを保護するための、内蔵された暗号化機能、高度なアクセス制御、オンラインスナップショット、およびオンボードのエンドポイント保護およびバックアップ用ソフトウェアを実行する機能により、高度なセキュリティを提供します。 Windows Storage Server 2012 R2上に構築された高可用性のソリューションをユーザーに提供できるため、ユーザーのデータは常時必要なときにすぐに利用できる状態にあります。

最新情報

  • 新しい第6世代のHPE StoreEasy 1660スタンダードと1860モデル
  • HPEが開発した直感的な管理コンソールを使用して、管理を2倍効率化できます1
  • 拡張されたセキュリティ機能が、変化する脅威環境において従業員、お客様、そして組織を保護します。
  • 低コストで容量を拡張でき、大容量ドライブとドライブスロットの増加により内部容量を最大で60%増加できます[2]
  • ハイブリッドフラッシュオプションとリソース集約型ワークロードで優れたパフォーマンスを発揮する構成によって、データアクセスを最大で4倍高速化します[3]

機能

最適化: お客様に合わせたファイルストレージ

HPE StoreEasy 1000ストレージは、特定用途向けのファイルストレージに対応した最新世代のストレージOSを搭載する、事前構成されたハードウェアです。 StoreEasyのインストールおよびネットワーク構成ウィザードによりインストールが簡素化され、構成時のエラーが予防されるため、すばやく配備できるようになります。

StoreEasy 1000およびHDDバンドルにより、製品寿命期間を通して、追加のストレージ容量の購入、配備、プロビジョニングがしやすくなりました。

HPE StoreEasyダッシュボードは、容量使用率、パフォーマンス、および健全性などのすべての主要なステータス情報を1つのインターフェイスに統合し、複数のツールとシステム管理インターフェイスを移動する必要性を削減します。 作業の中断を最小限にするための低容量警告電子メールアラートが利用できます。

ベストプラクティス重視のストレージプロビジョニングツールは、システムのストレージを検出し、利用可能なストレージに基づいて、最適なパフォーマンスや容量およびバランスのとれた構成をもたらすセットアップをお勧めします。

効率的: コストと時間を節約

きめ細かなデータ重複排除により、平均で50~60%の省スペースを実現。 [※1]

ファイルの同期および共有機能によって、モバイル作業者はどこからでもファイルにアクセスできます。 データ暗号化、データワイプ、ユーザーロック用スクリーンパスワードの適用、ファイル階層化、ストレージクォータなどの企業向けデータコントロール機能が提供されています。

高度なデータ管理の利用により、リソース使用を自動的に改善し、データ保存期間ポリシーを遵守し、機密ファイルの保護を強化できます。 Hosted BranchCacheで頻繁にアクセスされる企業データセンターファイルを自動キャッシュすることで、ブランチオフィスのWAN使用量を削減します。

複数のワークロードとITサービスを、多種多様なファイルアクセスプロトコル、Microsoft® Hyper-V、SQL Serverのアプリケーションストレージ、iSCSIブロックアクセス、および印刷、DNS、DHCPなどのITインフラストラクチャサービスに対するサポートを含む単一のプラットフォームに統合します。

安全性: 常にデータを保護

HPE StoreEasy 1000 Storageは、ファイルシステムの暗号化、BitLockerドライブ暗号化によって、静止状態のデータを保護します。また、SMB3暗号化と署名によって転送中のデータも保護します。

ファイルの分類のインフラストラクチャを使用して、感度に基づきファイルを動的に識別し、Active Directory Rights Managementサービスによって洗練されたアクセスコントロールを実装します。

システム自体にウィルス対策などのエンドポイント保護をインストールおよび実行します。これにより、外部のエンドポイント保護サーバーへの接続により生じるコストと複雑性が縮小します。 ボリュームシャドウコピーサービス (VSS) によるエージェントベースのバックアップソフトウェアに対するオンラインのスナップショットとサポートでデータの消失を防止します。

高可用性: ビジネスおよびユーザーの作業の中断を防止

HPEアクティブヘルスシステムによるほぼ継続的な健全性の監視、ミラーリングされたOSドライブ、冗長化ファン (モデルによっては利用不可) と電源、高度なメモリ保護などの標準的な機能を備えていることで稼働時間が増加します。

ファイルシステムのオンライン自己回復、オンライン検証、ファイル破損によるダウンタイムを大幅に減少させる正確で迅速な修復機能を活用することで、大規模ファイルシステムを自信を持って配備できます。

リアルタイムのバイトレベルのレプリケーションにより重要なデータ保護を実現するVision Solutions社のDouble-Take Availabilityを活用できます。 障害発生時には、複製されたデータレポジトリからデータを復旧できます。 ソフトウェアのインストールファイルは現在14日間評価版ライセンスが付属されています。

ファイルストレージの専門家のサポート、システムに対する3年間のオンサイト部品補修および作業保証、1年間24時間週7日のソフトウェア電話サポートをご利用いただけます。

  • ※1.
    『データ重複排除の展開計画』Microsoft、2012年8月
  • 4.
    『データ重複排除の展開計画』、Microsoft
  • Microsoft®は、米国におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。BitLocker®は、米国におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。Windows®は、米国におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。