企業にはさまざまな課題がつきものですが、データストレージに関する課題であれば解消することは可能です。ドキュメント、画像、オーディオ、およびビデオファイルを安全に保管する管理が容易で一元管理が可能な容量をお探しでしたら、HPE StoreEasy 1000ストレージ以外を検討する必要はありません。StoreEasyを使用すると、品質や機能を犠牲にすることなく、組織のニーズと予算に合わせて、柔軟性、効率性、信頼性に優れるファイルストレージを適切な規模で作成できます。StoreEasy 1000では、さまざまなフォームファクター、容量、パフォーマンスオプションを利用できます。StoreEasy 1000によって、使用可能な容量を最大限に活用し、管理を簡素化し、進化する脅威環境から貴重なデジタル資産を保護できるようになり、ファイルストレージを最大限に活用できます。新しい第6世代のHPE StoreEasy 1660および1860では、HPEが開発したシンプルな管理を実現する新しい機能が追加されています。また、さまざまな容量拡張オプションを利用できるほか、組み込みのセキュリティ保護機能の強化やパフォーマンスの向上が図られており、効果的なストレージの基盤を構築できます。

最新情報

  • 新しい第6世代のHPE StoreEasy 1660スタンダードと1860モデル
  • HPEが開発した直感的な管理コンソールを使用して、管理を2倍効率化できます1
  • 拡張されたセキュリティ機能が、変化する脅威環境において従業員、お客様、そして組織を保護します。
  • 低コストで容量を拡張でき、大容量ドライブとドライブスロットの増加により内部容量を最大で60%増加できます[2]
  • ハイブリッドフラッシュオプションとリソース集約型ワークロードで優れたパフォーマンスを発揮する構成によって、データアクセスを最大で4倍高速化します[3]

機能

ファイルストレージ向けに最適化およびカスタマイズ

HPE StoreEasy 1000ストレージは、業界をリードするHPE ProLiantサーバーのDNAを受け継いでおり、事前構成されたハードウェアにMicrosoft Windows Storage Server 2016または2012 R2のいずれかが搭載された状態で出荷されます。 さらにこのNAS製品にはインストールを簡素化し、一般的な構成エラーを排除するツールも組み込まれているため、時間をかけることなく運用開始できます。

長年の実績があるHPEの設計と開発から第6世代のHPE StoreEasy 1660および1860のための新しい管理コンソールが生まれました。ユーザーエクスペリエンスを向上するために徹底的に見直されており、管理労力を半分にしながら、ファイルストレージの監視と管理のための最新で俊敏なアプローチを実現するための基盤となります。

手頃な価格のハードディスクドライブ (HDD) バンドルが用意されており、製品寿命期間にわたって追加のストレージ容量を簡単に購入、配備、およびプロビジョニングできます (Pool Managerのガイド付き構成機能を使用可能)。 また空き容量が少なくなったときにはメールアラートが送信されて、システムの中断や容量不足を防止します。

HPE StoreEasyダッシュボードでは、容量使用率、パフォーマンス、稼働状況などのすべての主要なステータス情報が第5世代のStoreEasy 1000向けの1つのインターフェイスに統合されるため、日常の管理/監視業務に複数のツールやインターフェイスを使用する必要がなくなります。

効率的: コストと時間を節約

きめ細かなデータ重複排除と圧縮により、平均で50パーセントの省スペースを実現しています。[4] Windows Storage Server 2016ベースのHPE StoreEasy 1000システムでは、重複排除エンジンが強化されて、大容量のファイル (最大1TB) およびボリューム (最大64TB) をサポート可能になりました。

組み込みのファイル同期と共有機能を使用することで、従業員、モバイルワーカー、および分散チームのスタッフは、インターネットに接続された任意のデスクトップ、スマートフォン、タブレットなどから、自分の作業ファイルにアクセスできます。 一方組織は従業員のデバイス上のデータを保護するために、デバイスをリモートでワイプするためのポリシーを適用したり、ロック画面のパスワード入力を強制したりすることが可能になります。

高度なデータ管理機能により、リソース使用状況が自動的に改善されるようになり、またデータ保持ポリシーの遵守や機密ファイルの保護が強化されて、ファイルをHPE StoreEasyからダウンロードする際や未許可の受信者宛てにメールで送信する際もチェックが行われます。

HPE StoreEasy 1660および1860のオプションのフラッシュアクセラレーションバンドルを使用すると、使用頻度の高いホットデータに最大で4倍高速にアクセスできるようになり、ユーザーやアプリケーションの処理時間が短縮されます。

安全性: 常にデータを保護

HPE StoreEasy 1000ストレージは、ファイルシステム暗号化とMicrosoft BitLocker®ドライブ暗号化機能により保管中のデータを保護し、SMB暗号化と署名により転送中のデータを保護します。さらに物理ドライブレベルではロック可能なベゼルが採用されており、多面的なファイルデータセキュリティを実現しています。

File Classification Infrastructure機能を使用すると、機密レベルに従ってファイルを動的に識別し、個々の組織の要件に合わせて、Active Directory Rights Managementサービスを利用する洗練されたアクセス制御を実装できます。

Microsoft Azureが標準でサポートされているため、Microsoft Azureサブスクリプションを使用してStoreEasyデータのバックアップをクラウド内にシームレスに保管することで、災害や大規模障害からデータを保護できます。

第6世代のHPE StoreEasy 1660および1860は、HPE iLO Advanced Premium Security Editionを使用して24時間ごとにTrusted Platform Module (TPM)、ネットワークアダプターおよびドライブ上のデジタル署名されたファームウェア、およびランタイムファームウェアを検証するデバイス整合性チェックを標準で実施し、保護機能を強化しています。

高可用性: ビジネスおよびユーザーの作業の中断を防止

HPE StoreEasy 1000ストレージには、HPE Active Health Systemによるほぼ継続的な稼働状況の監視、冗長コンポーネント、破損ファイルのスキャンを高速にするオンライン自己修復、オンライン検証など、さまざまな機能が標準搭載されています。

最大100TBに対応する組み込みのレプリケーション機能を使用するか、またはレプリケーションソフトウェアであるCarbonite Double-Take Availabilityを選択することで、単純な操作ミスや大規模な障害からデータを保護できます。

HPEファイルストレージの専門家によってシステム全体が包括的にサポートされ、システムに対するオンサイト部品補修および作業保証に加えて、ソフトウェア電話サポートもご利用いただけます。

HPE iLO管理エンジンによる高度な診断と継続的な監視が、安定性の向上とダウンタイムの短縮を実現します。

  • 1.
    ツールと操作を50%削減して、主要なNAS管理タスクを実施したHPE社内テストの結果に基づく
  • 2.
    オプションのミッドシャーシ拡張ケージを備えたStoreEasy 1660と前世代のHPE StoreEasy 1650との比較に基づく
  • 3.
    SSDを搭載したHPE Smart Cacheを使用して90%のキャッシュヒット率を実現したHPEの社内テストに基づく
  • 4.
    『データ重複排除の展開計画』、Microsoft
  • Microsoft®は、米国におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。BitLocker®は、米国におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。Windows®は、米国におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。