膨大なファイルデータの保護と管理に頭を悩ませていませんか。Qumuloハイブリッドクラウドファイルストレージ対応のHPEソリューションは、エンタープライズ向けとして実証済みで拡張性に優れた最新のファイルストレージソリューションであり、データセンターとパブリッククラウドで実行できます。優れたパフォーマンスでレガシーなストレージより経済的であり、リアルタイム分析により時間とコストを節約しながらパフォーマンスを向上させます。レプリケーションでは、データを必要な場所に必要なときに移動できます。たとえば、オンプレミスのクラスターとパブリッククラウドで実行されているクラスターの間の移動も可能です。HPEとQumuloは、拡大を続けるお客様の非構造化データニーズに効果的に対応し、オンプレミス、オフプレミスまたはその両方にまたがり、現在もそして将来にわたっても、低コストかつハイパフォーマンスのインスタントコントロールで大量のファイルをスケールおよび管理します。

最新情報

  • Googleクラウドプラットフォーム向けの新しいQumulo Softwares製品型番

機能

エンタープライズ向けとして評価の高いハイパフォーマンスのスケールアウトNASおよびファイルストレージの機能を提供

小さいファイルを大きいファイルのように効率的に処理するQumuloの高度なファイルシステムにより、膨大なファイルをサポートできます。容量、パフォーマンス、ファイル数、ノード数に実質的な制限はありません。パフォーマンスや管理の懸念なく、プロビジョニングされた全容量をユーザーファイルに使用可能です。

効率的なイレイジャーコーディング、レプリケーション、スナップショットなどの高度なデータ保護技術により、業界最速レベルの再保護期間が実現します。セットアップが簡単なQumuloの監査機能を標準の監視システムに統合し、セキュリティを強化できます。

NTFSとPOSIXの許可の管理を自動化し、ACL継承を保持して、真のコラボレーションを実現します。QumuloのカスタムのSMB、NFS、FTP、REST APIは最適化され、極めて効率的です。QumuloのエンタープライズNASプロトコルでは、Linux、Mac、Windowsのユーザーが、NFSとSMBの両方にわたって共通のデータを共有できます。

Qumuloは最新のアジャイル開発手法を活用します。製品を着実に進化させ、可能な限り最先端を維持する、利用しやすいリリースを頻繁に提供します。Qumuloはまた、Slackを通じてダイレクトコミュニケーションチャネルを提供しており、主題のエキスパートへのインスタントアクセスやクラウドモニタリングが可能です。

Qumuloのカスタマーサクセスプログラムでは、業界最高レベルのネットプロモータースコアを獲得した、応答性の高いパーソナルなカスタマーサービスが提供されます。Qumuloはまた、Slackを通じてダイレクトコミュニケーションチャネルを提供しており、案件のエキスパートへのインスタントアクセスや、環境全体 (オンプレミスとクラウド) のクラウドモニタリングが可能です。

オンプレミス、ハイブリッド、パブリッククラウドの環境にわたって、必要な場所にデータを保管

Qumuloのソフトウェアデファインドストレージは、向上したテクノロジーを迅速にユーザーに提供します。Qumulo対応HPE Apollo 4200は開梱してすぐに使えるほどシンプルであり、数日ではなく数時間でデータ提供を開始できます。

データを任意の場所に保存し、オンプレミスとオフプレミス両方のワークロードで数GB/秒のパフォーマンスを実現できます。ファイル数やファイルサイズに関係なく、スケーラブルなパフォーマンスが得られます。

継続的レプリケーションを利用すれば、事業継続性戦略にクラウドを導入できます。クラウドの継続的レプリケーションポリシーでは、必要なときに必要な場所にデータを移します。これは、オンプレミスかクラウドかにかかわらず、ストレージクラスターを跨いで機能します。Qumuloは自動的にデータの整合性を維持します。

必要なときにクラウドを利用できます。お客様のデータセンターでは利用できないコンピュート機能にアクセスできます。クラウドでホストされているアプリケーション、AI機能、ML機能を利用できます。世界中のユーザーと簡単にコラボレーションできます。

オンプレミスのスケールアウトNASとハイブリッドクラウド環境でまったく同じソフトウェアを使用できます。Qumuloは、AWSおよびGoogleインフラストラクチャ上で直接実行できます。シンプルなサブスクリプション価格設定ですべての機能、アップデート、パフォーマンス向上、ソフトウェアサポートをカバーします。また、ライセンスの譲渡が可能です。

ストレージの使用率とパフォーマンスをリアルタイムに可視化し制御することで、データをわかりやすく見える化

リアルタイム分析は、時間やコストを削減しながらパフォーマンスを向上します。また、問題の特定やストレージの使用状況の効率的な制御ができるよう管理者を支援したり、IPアドレス別またはディレクトリパス別のストレージ容量使用パターンを可視化したりできます。

ファイルシステム内のファイルの数にかかわらず、統合ディレクトリ構造のあらゆるレベルで使用率、アクティビティ、およびスループットを瞬時に把握することができます。問題の箇所やホットスポットを特定し、ファイルシステム全体のワークロードの分散状況を最適化することで、リソースをフル活用します。

分析を通じてリアルタイムの情報を活用し、リアルタイムにクォータを設定できます。ディレクトリベースの容量クォータでは、管理者がストレージ割り当てを瞬時に制御できます。容量クォータは任意のディレクトリに (ネストされている場合でも) 適用できます。クォータを設定したディレクトリを移動することは簡単です。

全体的なストレージ容量の使用率、統合ディレクトリストラクチャおよび分析のアクティビティスループットレベルを、クラウドベースのWeb GUIで確認できます。

すべてを自動化し、冗長タスクを排除できます。REST APIにより、インフラストラクチャの構成、管理タスクの削除、IT管理の自動化をプログラムできます。導入済みの監視アプリケーションにデータをインポートできます。

超高密度で安全なストレージサーバー

HPE Apollo 4200 Gen10サーバーは、ソフトウェアデファインドストレージにさらに最適化されたアーキテクチャーにより長年にわたって実証されたリーダーシップの上に築かれています。独自の設計により、標準の奥行きで扱いやすい2Uラックシャーシでお客様のデータセンターの貴重なスペースを節約します。

SSDファーストのハイブリッドアーキテクチャーでコストとパフォーマンスを最適化します。SSDの速度のメリットおよびHDDの経済的なメリットを同時に得ることができます。

HPE Secure Encryptionは、データプライバシー要件への準拠とコンプライアンス規制への対応に役立つQumulo対応HPE Apollo 4200上で動作するコントローラーベースの蓄積データ暗号化テクノロジーです。HPE Apollo 4200 Gen10ベースのすべてのモデルに標準で搭載されています。

セキュリティに重点を置いて、FIPS 140-2レベル1の検証済みストレージコントローラーからシステムシリコンレベルまで拡張し、HPE Silicon Root of Trustを通じたファームウェア保護、マルウェア検出、およびファームウェアリカバリでHPEのイノベーションを最大限に活用します。

HPE Active Health Systemは、1,600を超えるシステムパラメーターとすべての構成変更を監視することで、稼働状況を継続的かつプロアクティブに監視しする業界初のテクノロジーです。クラウドベースの監視機能が、システム使用率に関する過去の傾向データなど、潜在的な問題をプロアクティブに検出します。

  • QumuloおよびQumuloロゴは、Qumulo, Inc.の商標または登録商標です。その他、本書内のすべてのマークおよび名称は、各社の商標である場合があります。Copyright © 2019. All Rights Reserved. Intelおよびインテルは、アメリカ合衆国および / またはその他の国におけるIntel Corporationの商標です。Windowsは、米国およびその他の国におけるMicrosoft Corporationの登録商標もしくは商標です。UNIXは、The Open Groupの登録商標です。Linuxは、米国またはその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。その他すべての第三者の商標は、それぞれの所有者に帰属します。