オブジェクトストレージ

データの増加に合わせた最適なデータストレージの経済性を維持できる、ペタバイト規模のストレージを必要としていますか。 HPE Scalable Object Storage with Scality RINGはソフトウェア・デファインド型のストレージプラットフォームです。今日のペタバイト規模のストレージニーズに対するコストを低減するだけではなく、将来的なデータの増加にも対応するように設計されています。 このソリューションは、組織がデータ可用性および耐用性の面で妥協することなく、より少ない物理スペースでペタバイトあるいはそれ以上の規模にまでストレージをシームレスに拡張できるよう、高密度のプラットフォーム上に構築されています。 Scalable Object Storageは、増大するデータストレージのニーズに応じて拡張できる持続可能なプラットフォームを使用することで、すべてのデータタイプへのオンラインアクセスを保持し、価値を産み出すための時間を劇的に削減し、長期にわたって最大のROIをもたらします。 HPE Scalable Object Storageでは、新たなレベルの拡張性、信頼性、および柔軟性のすべてを実感しながら、最適なデータストレージの経済性でペタバイト規模のストレージを実現できます。

機能

少ない設置面積で無限の拡張

長期間にわたって信頼性の高い記録をアーカイブする必要があるサービスプロバイダーやメディアなどの組織は、膨大な数のファイルを管理するとともに、それらのデータにオンデマンドで同時にアクセスできる状態を維持することに苦労しています。

HPE Scalable Object Storage with Scality RINGは、単一のネームスペース内で最大1兆個以上のオブジェクトに拡張できるように設計されています。 プラットフォームのアクセスおよびストレージ階層は、個別に数千台のノードに拡張可能であり、レイテンシを増加することなくそのすべてに直接および同時アクセスが可能です。

HPE Apollo 4200およびHPE Apollo 4510は、要件に合わせてプラットフォームを選択することが可能なHPE Scalable Object Storage with Scality RINGの基盤となります。標準的な奥行きのラックで小規模な障害ドメインをサポートする2Uフォームファクターや、最高レベルの密度を実現してデータの急増に対応できる4Uフォームファクターを提供しています。

妥協のない最高レベルのシンプルさ

HPE Scalable Object Storage with Scality RINGは、ハードウェアの障害、容量の拡張、ソフトウェアのアップグレードなどに伴う中断を最小限に抑えて14ナイン(99.999999999999)の耐久性を実現し、100%のアップタイムを維持します。これは、ネイティブのマルチサイト機能および自己修復機能を使用するポリシーベースのデータ保護スキーマによって可能になります。

ITゼネラリストのために設計され、真にエンタープライズグレードであるHPE x86サーバーの監視および管理ツールによる大規模な管理が可能です。

ペタバイトクラスのデータ管理に必要とされる人員を削減することにより、計画されたイベントおよび計画外のイベント中でも、ダウンタイムを伴うことなく、費用および時間を節約しながら進行中の運用コストを低減できます。

今日、未来のための永久的な柔軟性

さまざまなアプリケーションのニーズに対応するHPE Scalable Object Storage with Scality RINGは、物理メディアで複数のコピーを管理する必要のない、長期間保持することが可能なアクティブアーカイブを作成できるよう、ファイルプロトコルとオブジェクトAPIの両方をサポートしています。

また、単一のサイト内の単一のシステム、複数のサイトに分散された単一のシステム、およびそれぞれを複製する複数のサイトの複数のシステムを含む、複数の展開トポロジの中から最適なものを選択できます。

複数の世代にまたがる異なる構成やプラットフォームを組み合わせることで、現状に最適なハードウェアを選択し、時間の経過とともにロックインやフォークリフトアップグレードを行うことなく進化させることができます。 将来的なデータ移行およびアップグレードを排除し、総所有コスト (TCO) を抑えます。

ライセンスはハードウェアに依存しないため、各プラットフォームを更新するたびに新規ライセンスを購入する必要がなくなり、拡大に合わせて追加ライセンスのみを購入できるようになります。

  • OpenStack Word Markは、米国およびその他の国におけるOpenStack Foundationの登録商標/サービスマーク、または商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundationの許可を得て使用されています。HPEは、OpenStack FoundationまたはOpenStackコミュニティに所属しておらず、承認もしくは支援も受けていません。その他すべての第三者の商標は、それぞれの所有者に帰属します。