既存の高性能ファイルストレージのアーキテクチャー上の制約や経済的制約に不満を感じていませんか。HPE Parallel File System Storageは、HPE Apolloシステムで実行されているハイパフォーマンスシミュレーション、AI、およびデータ分析環境をサポートする、コスト効率に優れた並列ストレージです。HPE Parallel File System Storageは、標準的なスケールアウトNASストレージの数倍ものパフォーマンスと名前空間の拡張性を備えており、一元的な高パフォーマンス名前空間で分散ストレージを統合することでコスト削減を実現しつつ、I/Oのボトルネックを取り除いてコンピュートノードの使用率を向上させます。

最新情報

  • HPE初のIBM Spectrum Scale並列ファイルシステム (旧GPFS) が組み込まれたストレージシステムです。
  • HPEサーバー向けに設計された高性能並列ファイルストレージは、ストレージシステム単位で価格設定されており、容量課金のライセンス費用は発生しません。
  • コスト効率に優れたソフトウェア デファインド ストレージアーキテクチャーなら、データを多用するモデリングやシミュレーション、人工知能、ハイパフォーマンスデータ分析のワークロードに対応できます。
  • 高度なデータ管理では、データ対応型インテリジェンスエンジンによってコストを削減すると同時にパフォーマンスを向上させ、SSDおよびHDDのストレージプールを適切に階層化できます。
  • 単一の名前空間で、ファイル (POSIX、NFS、CIFS)、オブジェクト (S3、SWIFT)、およびHadoop Distributed File System (HDFS) のユースケースをサポートしています。
  • HPE Pointnext Servicesがハードウェアとソフトウェアの両方を一元的にサポートしており、ストレージシステム一式をHPEの工場内で完全に統合してから出荷します。

機能

HPE Apolloシステムに不可欠なストレージパフォーマンス

HPE並列ファイルシステムストレージは、AMD EPYC 7000シリーズプロセッサーファミリ、およびHPE SmartMemory (最大3,200MT/秒のDDR4メモリ) を利用する業界標準のサーバーテクノロジーを基盤としています。

高速PCIe 4.0/NVMe SSDは、同じ名前空間にHDDストレージプールを追加するためのパフォーマンスと機能を備えた標準メディアであり、コスト効率に優れたストレージ容量を提供します。

InfiniBand EDR/HDRや100/200 Gigabitイーサーネットなど、高速かつ低レイテンシのネットワークによってCPUまたはGPUコンピュートノードにデータを転送します。

NVIDIA® Magnum IO (GPUDirect Storage)をサポートすることで、 CPUをバイパスし、データを直接GPUに提供します。

高可用性書き込みキャッシュ (HAWC) では、コンピュートノードの不揮発性ストレージを利用して、書き込み中心のアプリケーションのI/Oを向上させます。

HPE Apolloシステムに不可欠な拡張性

HPE並列ファイルシステムストレージは、単一のファイルシステム/名前空間で最大128台のストレージサーバーをサポートしており、これはNASストレージの上限を大きく上回っています。

最小4台のラックユニットから構成でき、必要に応じて拡張できます。

1台のラックユニットを単位とする段階的なスケールアウトが可能です。

並列ファイルシステムアーキテクチャーにより、名前空間のリニアなスケールアウトが可能です。

PCIe 4.0/NVMeのフラッシュのパフォーマンスは、同じファイルシステムのコスト効率に優れたHDDの容量とは無関係にスケールアウトできます。

お客様が必要とするエンタープライズストレージ機能

HPE並列ファイルシステムストレージは、包括的なシステム可用性機能を備えており、エンタープライズグレードの「99.999%」の可用性レベルに加えて、ミッションクリティカルなユースケースにおける自動フェイルオーバーおよびインテリジェントフェイルバック機能を提供します。

関係する入出力 (I/O) 処理を継続しつつ、スナップショット、同期および非同期レプリケーション、ファイルレベルの暗号化、非同期エラー診断などの包括的なデータ保護機能を提供します。

ファイルシステムでは、ファイル (POSIX、NFS、CIFS)、オブジェクト (S3、SWIFT)、およびHadoop Distributed File System (HDFS) 向けのインターフェイスをサポートしており、組織全体にわたる広範なデータアクセシビリティを実現します。

これにより、保存中のデータとインフライトデータの整合性を確認できます。高可用性と堅牢な運用を実現します。

定義されたデータセットへのファイルアクセスを監視する、監査機能をサポートしています。それによって作成された監査ログは、各業界のコンプライアンス要件に対応するために、変更不可能なファイルセットで保存されます。

HPCおよびAIの予算に求められるコスト効率

HPE Parallel File System Storageは、HPC、AI、およびHPDA環境の「分散したストレージ」の統合を可能にすることで、あらゆるファイルサイズ/IOパターンで高パフォーマンスを実現して卓越した拡張性を提供するとともに、幅広いプロトコルをサポートしています。

ソフトウェア デファインド アーキテクチャーでは、主要なエンタープライズ並列ファイルシステムであるIBM Spectrum Scaleと、ストレージノードとして、主要なラック最適化業界標準サーバーの1つであるHPE ProLiant DLラックマウント型サーバーを統合しています。

同じファイルシステム/名前空間内で異なるストレージメディア (SSDおよびHDD) の強みをコスト効率よく利用し、それぞれの弱みは回避するという方針に基づいて、お客様が必要とするパフォーマンスと容量を極めてコスト効率に優れた方法で提供します。

サービス品質 (QoS) 管理では、共有ストレージプールのリソース消費量を制御するために、スループットの上限を設定することでファイルセットで消費されるリソース量を制限できます。QOS管理では、1秒あたりの入出力処理回数 (IOPS) 、最大MB、またはその両方を制限できます。

  • AMDは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。Microsoft、Windows、およびWindows Serverは、米国および/またはその他の国におけるMicrosoft Corporationの登録商標または商標です。NVIDIAおよびGPUDirectは、米国およびその他の国におけるNVIDIA Corporationの商標および/または登録商標です。すべての第三者の商標は、それぞれの所有者に帰属します。