Nimble Storageアレイ

予測分析のメリットを体験。HPE Nimble Storage アダプティブフラッシュアレイは、フラッシュ向けに最適化されたアーキテクチャーとHPE InfoSight Predictive Analyticsを組み合わせることで、高速かつ高信頼性の高いデータアクセスと99.9999%以上の実測可用性を実現します[1]。クラウド対応のアダプティブフラッシュアレイでは、HPEクラウドボリュームを通じて、クラウドへの移行を簡単に利用できます。HPE Nimbleタイムレスストレージによってサポートされるため、オプションのソフトウェアを購入する必要がなく、フォークリフトアップグレードが不要になります。

機能

HPE InfoSight

ユーザーが問題を把握する前に、その86%を自動的に予測して解決。[2]

予測型のオートメーションにより、サポート環境を大きく変革します。

インフラストラクチャ全体のスタックを確認し、ストレージ以外の問題も解決。

キャパシティ、パフォーマンス、および帯域幅の需要について予測。

インストールベースからの学習によってインフラストラクチャをさらにスマート化し、その信頼性を向上。

斬新なシンプルさ

シンプルな導入。シンプルな構成。シンプルな管理。

HPE Nimble Storageファミリ全体で共通するデータサービスを通じてオンプレミスやパブリッククラウドのあらゆる場所にフラッシュを導入可能。

オールフラッシュ、ハイブリッドフラッシュ、およびマルチクラウドストレージ間でデータをシームレスに移行。

さまざまなエコシステムと驚くほど簡単に統合。VMwareとVeeamとの緊密な統合。

各種の主要なワークロードに対応するフラッシュパフォーマンス

サブミリ秒レベルのレスポンスにより各種ワークロードのスピードと効率性を向上し、他のハイブリッドアレイよりも優れたパフォーマンスを実現します。[3]

ライトシリアライゼーションにより、フラッシュ並みの速度でディスクに書き込み。

動的なフラッシュキャッシュにより、ワークロードがリアルタイムで変化しても読み取りを高速化可能。

アダプティブなサービスレベル:ボタンをクリックするだけでアプリケーションにおけるサービスレベルの設定や変更が可能です。 •オートフラッシュ: 主要なアプリケーションに向け高いパフォーマンスを提供 •オールフラッシュ: パフォーマンス要求が厳しいアプリケーションに向けフラッシュのパフォーマンスを保証 •ミニマムフラッシュ: キャパシティ(容量あたりの)コストを最小化

Always-onのデータ削減によってパフォーマンスに影響を及ぼすことなく、最大5倍の省スペースを実現。[4]

絶対的な耐障害性

99.9999%の継続的な実測可用性。[5]

トリプル パリティ RAIDが3台のドライブに同時に障害発生しても運用を継続できるうえ、ドライブ内パリティから新たな保護を提供。

アプリケーションに合わせた詳細なFIPS準拠の暗号化とデータシュレッディングにより、オフサイトでの複製時に、保存データや伝送中のデータを包括的に保護。

アプリケーションの整合性を保ったスナップショットとレプリケーションを組み込み済。主要なバックアップソフトウェアとの統合。

  • 1.
    HPE Nimble Storageサポート組織によって収集された実際のお客様データに基づいています。https://www.hpe.com/h20195/v2/Getdocument.aspx?docname=a00018503ENW もご覧ください。
  • 2.
    HPE Nimble Storageサポート組織によって収集された実際のお客様データに基づいています。https://www.hpe.com/h20195/v2/Getdocument.aspx?docname=a00018503ENW もご覧ください。
  • 3.
    応答時間は、2017年3月時点におけるHPE Nimble Storageサポート組織によって収集された実際のお客様データに基づいています。書き込みシリアライゼーション、読み取りの動的フラッシュキャッシング、3D NANDフラッシュの使用などのテクノロジーの組み合わせに基づく効率性の比較
  • 4.
    HPE Nimble Storageオペレーティングシステム (NOS) は、CPUやメモリなどのシステムリソースの使用を最適化するために構築されています。これによりアレイは、ストレージのパフォーマンスに影響を与えることなく、Always-onのデータ削減を実現できます。
  • 5.
    HPE Six Nines Guarantee: https://www.hpe.com/h20195/v2/Getdocument.aspx?docname=a00026086enw
  • Microsoft®は、米国およびその他の国および地域におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。Oracle®は、米国およびその他の国および地域におけるOracle Corporationの商標です。VMware®は VMware, Inc.の米国およびその他の国および地域の登録商標です。AIX®は、米国およびその他の国および地域におけるIBM Corporationの登録商標です。Linux®はLinus Torvaldsの登録商標です。Windows®は、米国およびその他の国および地域におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。Hyper-V®は、米国およびその他の国および地域におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。SUSE®はSuseの登録商標です。IBM®は、米国およびその他の国および地域におけるIBM Corporationの商標です。Red Hat®は、米国およびその他の国および地域におけるRed Hat, Inc.の商標です。