Nimble Storageアレイ

バックアップデータを使って実際の作業をしたいと思いませんか。HPE Nimble Storageセカンダリフラッシュアレイを使用すると、バックアップデータを活用できるようになります。このシステムは、バックアップとディザスタリカバリに対応する単一プラットフォームを提供し、フラッシュを活用する優れたパフォーマンスを、開発/テストや分析など実際のワークロードに利用できます。重複排除と圧縮を常時実行することでデータ効率を大幅に向上し、オールフラッシュを使用する場合、バックアップとDRのコストは3分の1に削減します。セカンダリフラッシュアレイはVeeamの可用性ソフトウェアと統合されており、Veeam GUIからアレイ機能にアクセス可能できるため、バックアップの検証が迅速化されます。これにより、データ管理が簡素化および改善されます。

機能

バックアップデータの有効活用

セカンダリストレージを実際に活用: フラッシュパフォーマンスによって、バックアップデータを開発/テスト、QA、分析などに活用できます。

フルバックアップが不要: 合成フルバックアップを数時間から数分に短縮します。

バックアップ検証の高速化: 従来よりも頻繁にバックアップをテストすることが可能です。

フラッシュによるデータ保護の強化

ほぼ瞬時のリストア: セカンダリフラッシュアレイにあるファイル、仮想マシン、アプリケーション、およびシステム全体に直接アクセスしたり、プライマリストレージに素早くコピー可能です。

ほぼ瞬時のディザスタリカバリ: 瞬時にプライマリストレージからセカンダリフラッシュアレイにフェイルオーバーし、本稼働ワークロードを再開できます。

悪影響を伴わないデータの削減: Always-Onのインライン重複排除と圧縮により、パフォーマンスに影響を与えずに実際に利用できる容量を増加させます。

オールフラッシュからセカンダリフラッシュに複製する場合、3分の1のコストでバックアップとDRを実現します。

斬新なシンプルさ

コンバージドインフラストラクチャ: 1台のデバイスにバックアップ、ディザスタリカバリ、セカンダリストレージワークロードを組み込むことで、設置面積を削減します。

安心の運用: HPE InfoSight Predictive Analyticsは、ユーザーが把握する前に86%の問題を解決し、99.9999%の実測可用性を実現します。[1、2]

すべてのHPE Nimble Storage製品で共通の管理とデータ移動機能を備えた充実したデータサービス。

クラウド対応: HPE Nimble Storageクラウド対応フラッシュアレイでデータセンターの将来的なクラウドへの移行に対応します。

  • 1.
    出典: HPE Nimble Storageサポート組織によって収集された実際のお客様データに基づいています。https://www.hpe.com/h20195/v2/Getdocument.aspx?docname=a00018503ENW もご覧ください。
  • 2.
    出典: HPE Nimble Storageサポート組織によって収集された実際のお客様データに基づいています。https://www.hpe.com/h20195/v2/Getdocument.aspx?docname=a00018503ENW もご覧ください。
  • 商標について Microsoft®は、米国およびその他の国および地域におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。Oracle®は、米国およびその他の国および地域におけるOracle Corporationの商標です。VMware®は VMware, Inc.の米国およびその他の国および地域の登録商標です。AIX®は、米国およびその他の国および地域におけるIBM Corporationの登録商標です。Linux®はLinus Torvaldsの登録商標です。Windows®は、米国およびその他の国および地域におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。Hyper-V®は、米国およびその他の国および地域におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。SUSE®はSuseの登録商標です。IBM®は、米国およびその他の国および地域におけるIBM Corporationの商標です。Red Hat®は、米国およびその他の国および地域におけるRed Hat, Inc.の商標です。