MSAストレージ

フラッシュ対応の経済的な最新型共有ストレージアレイを少ない予算で採用したいとお考えですか? HPE MSA 1050 ストレージは、コスト意識が極めて高いお客様のニーズにも対応する、経済的なフラッシュストレージです。MSA 1050 は、限られた予算でエントリーレベルのストレージを導入したいというお客様のニーズを考慮して設計されています。ヒューレット・パッカード エンタープライズのストレージポートフォリオで最も低価格帯でありながら、HPE ProLiantとの互換性が証明されているHPE MSA 1050 ストレージは、小規模ITワークロードに最適なプラットフォームです。HPE MSA 1050 ストレージは、iSCSI、FC、およびSASのホストインターフェイス接続をかつてない低価格で提供します。MSAによって、最新ストレージテクノロジーを活用しつつ、パフォーマンスと予算の適切なバランスを実現できます。HPE MSAストレージポートフォリオは過去8年間、エントリーストレージFCプラットフォーム[1]として業界をリードしており、世界中で約5万台のストレージシステムが販売されています。

機能

経済的なフラッシュ対応ストレージ

HPE MSA 1050 ストレージベースユニットには、出荷時に、デュアルコントローラーアレイ、4つのホストポートが構成されており、 8Gbファイバーチャネル、1GbE iSCSI または12Gb SASを使用可能

最新のフラッシュ対応アレイへの移行によって、パフォーマンスが向上し、レイテンシが短縮しました。高度データサービスとフラッシュへのわずかな投資で、次のレベルへと簡単に進むことができます。

シンプルで実証済みのHPE ProLiant Gen10互換共有ストレージ

HPE MSA 1050 SANストレージは、経済的で使いやすい共有ストレージにより、HPE ProLiant管理者は、新たな知識を時間をかけて習得することなく、直感的な方法で設定と管理を実行できます。

HPE ProLiant Gen10 サーバーでの使用を考慮して設計されています。

わかりやすいライセンス体系による高度仮想化サービス

HPE MSA 1050 ストレージには、使いやすく、管理しやすい、階層化や読み取りキャッシュのテクノロジーを採用したフラッシュが活用されています。

ストレージに関する専門知識は必要なく、システムがワークロードの変化に動的に対応します。

新しい要件に合わせた拡張やアップグレードが可能

HPE MSA 1050 ストレージでは、追加ハードディスクドライブ (HDD) またはディスクの拡張をHPE MSA 1050 SANストレージに追加したり、15分程度の簡単なアップグレードで場所を移動することなくHPE MSA 2050 SAN ストレージにアップグレードできます。

移行作業は不要であるため、インストールも管理も驚くほど簡単です。

  • 1.
    Source: IDC WW Quarterly Enterprise Storage Systems Tracker, 4Q16, based on vendor revenues.