エンタープライズクラスストレージが足かせになり、インフラストラクチャの管理、チューニング、サポートに時間を取られていませんか。異なるクラウドの管理から、すべてのアプリケーションに対して同じアジリティ、シンプルさ、クラウド利用が可能で、あらゆる場所で利用できるクラウドエクスペリエンスへの移行を目指していますか。HPE Alletraは、データがどこにある場合でもクラウドエクスペリエンスを実現するように設計された、エッジからコアに及ぶポートフォリオです。ミッションクリティカルなワークロードに対して、HPE Alletra 9000は極めて安定した低レイテンシと信頼性を実現します。これにより、データインフラストラクチャを所有し、維持することから、オンデマンドでas a serviceでアクセスし利用するだけの方式にITを移行できます。HPE Alletra 9000は、独自の、超並列型、マルチノード、オールアクティブプラットフォーム上に構築されています。これにより、従来および次世代のミッションクリティカルなアプリケーションを適切に、予測可能なパフォーマンスと超低レイテンシで統合し、100%の可用性が保証されます。[1]。

最新情報

  • どこからでも、どのデバイスからでもアクセスできる、クラウド管理の一元的な管理の下で、インフラストラクチャ管理のサイロを統合することにより、複雑さを解消します。
  • 250μsのレイテンシ内に75%のI/Oを実行する、超低レイテンシを提供する実績がある、HPE Primeraアーキテクチャーの基盤から開発2
  • わずか4U、オールNVMeで、200万IOPSを超えるパフォーマンス密度を実現3
  • 特別な契約は不要。標準で100%可用性保証が提供されており、極度の可用性要件に対応する設計1
  • Active Peer Persistenceを通じて、RPOゼロの同期レプリケーション、RTOゼロの透明性の高いフェイルオーバーであらゆるサービスレベルアグリーメントを満たします。
  • フォークリフトアップグレードは不要です。中断のないコントローラーアップグレード、定額サポート価格、柔軟な利用オプションをご活用ください。

機能

AI主導

ストレージ、サービス、仮想マシンにまたがる障害を予測し、回避します。結果として、ダウンタイムによる150万時間以上に相当する生産性低下を回避できます。

エスカレーションが不要でリソースへの直接アクセスを可能にした、これまでにない予測サポート自動化で、サポートエクスペリエンスを刷新します。

ストレージおよびVMと使用率の低い仮想リソースの間の問題を容易に特定します。

パフォーマンスを向上し、高可用性を促進し、リソース稼働率とプランニングを最適化する、AI主導の推奨事項により、データインフラストラクチャを推測に頼らずに管理できるようにします。

クラウド対応

システムの検出、オンボーディング、構成が自動実行されるため、分単位でセットアップできます。

最適化されたSLAに合ったインフラストラクチャに、AI主導かつインテントベースでアプリケーションワークロードをプロビジョニングすることにより、時間のかかる、LUN中心のプロビジョニングが不要になります。

中断なしで、イノベーションを迅速に利用できるエクスペリエンスを実現します。これを可能にしているのは、新しい機能や機能強化がすぐに入手できるセルフサービスアップグレードです。

SaaSベースのユーザーエクスペリエンスを使用できるシンプルなグローバル管理で、どこからでも管理できます。

as-a-Service

HPE GreenLakeを通じてデータIaaSを利用すれば、従量制課金モデルのため初期費用が不要になります。

データインフラストラクチャを所有し、維持することから、シンプルにオンデマンドでアクセスし利用する方式へと移行できます。

キャッシュフローを有効活用し、サブスクリプションと従量制サービスの最適な組み合わせにより財務のアジリティを高めます。

  • 1.
    100%可用性保証ソリューション概要
  • 2.
    HPE Primeraオールフラッシュインストールベース全体で、250μs以内で、75%の読み取り/書き込み要求を処理するレイテンシ
  • 3.
    HPE Alletra 9000とTPVV、RAID6、8KiBランダム読み取りに関するHPEの社内テストの結果に基づきます