プライマリおよびセカンダリワークロードに対応する、シンプルで信頼性に優れた、コスト効率の高いフラッシュストレージをお探しですか? HPE Alletra 5000は、プライマリワークロードとセカンダリバックアップおよびディザスタリカバリの混在に適応するように設計された、クラウドネイティブなデータインフラストラクチャ プラットフォームです。HPE GreenLake Edge-to-Cloudプラットフォームにより、オンプレミスのストレージにクラウド同様の運用エクスペリエンスをもたらし、展開からプロビジョニング、アップグレードまで、ライフサイクル全般にわたるストレージ管理を簡素化します。業界最先端のインフラストラクチャ向けAIであるHPE InfoSightのインサイトとインテリジェンスにより、アプリケーションの中断を回避し、高速で一貫したパフォーマンスを確保できます。99.9999%の可用性保証と、卓越したデータの完全性と耐障害性を備えた、エンタープライズグレードのプラットフォームを利用できます。最大5:1のデータ削減により、ストレージの効率性を高め、コストを削減できます。HPE GreenLakeが提供するas a serviceモデルにより、データインフラストラクチャを購入して維持するモデルから、簡単にアクセスして利用するモデルへと移行できます。

最新情報

  • HPE Nimble Storageアダプティブフラッシュアレイに比べて、パフォーマンスが最大25%向上
  • 速度、効率性、耐障害性に加え、クラウド運用のアジリティを備えた実績ある、HPE Nimble Storageアダプティブフラッシュアレイの基盤から開発されています。
  • クラウドの一元管理により、場所やデバイスを問わずアクセスできるSaaSベースの単一のクラウドコンソールから、ストレージ全体をグローバルに管理、監視することができます。
  • ストレージプロビジョニングを、LUN中心からAI主導のアプリケーション中心のアプローチに変えます。ストレージの専門知識は不要になり、試行錯誤することもありません。
  • 業界最先端の自律運用を推進するインフラストラクチャのAI操作で、混乱を排除することにより、サポートエクスペリエンスに変革がもたらされ、アプリケーションの常時稼働と常時高速化が確保されます。
  • 99.9999%の可用性を保証し、パフォーマンスに一切影響しないトリプル+パリティRAIDを標準装備した、高可用性と優れた耐障害性の要件に対応する設計です。

機能

AI主導

ストレージ、サービス、仮想マシン (VM) にまたがる障害を予測、回避することにより、ダウンタイムによる150万時間以上に相当する生産性低下を回避できます。99.9999%のデータ可用性保証を活用。

L1、L2サポートおよびエキスパートへの直接アクセスによって、時間のかかる煩わしいエスカレーションを不要にする予測サポートの自動化により、サポート環境を刷新します。

ストレージおよびVMと使用率の低い仮想リソースの間の問題を容易に特定します。

パフォーマンスを向上し、高可用性を促進し、リソース稼働率とプランニングを最適化する、AI主導の推奨事項により、データインフラストラクチャを推測に頼らずに管理できるようにします。

クラウド対応

データ主導型のインテリジェンスを活用した、スピードとアジリティを実現するクラウド運用のエクスペリエンスで、オンプレミスのストレージ管理を簡素化し、自動化することができます。これにより、基盤となるインフラストラクチャを意識することなく、インフラストラクチャ中心ではなく、アプリケーション中心の運用に移行できます。

合理化されたデバイス展開により、数分で使用を開始できます。インフラストラクチャをラックに設置し、電源コード、ネットワークケーブルを接続するだけで運用を開始できます。わずか数クリックで、フリートに新しいシステムが設定され、使用できるようになり、アプリケーションワークロードにデータを提供する準備が整います。

インテントベースのプロビジョニングで、アプリケーションの展開を自動化、最適化します。ストレージ階層とワークロードの種類を選択し、容量と保護ポリシーを指定することで、AI主導のインテリジェンスが、新しいワークロードに最適なシステムをフリート全体から推奨し、SLAを自動的に最適化します。

100%クラウド管理のインフラストラクチャでは、場所やデバイスを問わずアクセスできるSaaSベースの単一のクラウドコンソールから、ブロックストレージ全体をグローバルに監視、管理することができるため、各地に分散した数百台のシステムも、1台のシステムと同じように簡単に管理できます。

SaaSベースのデリバリによって、新しいデータサービスが即座に利用可能になります。データプレーンソフトウェアのアップグレードは、所定のシステムを中断することなくインテリジェントに適合します。

サービスとして利用可能

データインフラストラクチャを所有して維持するモデルから、オンデマンドで簡単にアクセスして利用するモデルへと移行できます。HPE GreenLakeが提供する柔軟な従量制のas a serviceモデルにより、オーバープロビジョニングやアンダープロビジョニングのリスク、設備投資予算の制約、複雑な調達サイクルといった問題を回避できます。

想定外のワークロードや使用量のニーズが発生した場合のバッファー容量を使用して、必要な分だけオンデマンドで拡張できます。

高額な初期投資から明確かつ予測可能な月額払いに移行できます。

as a serviceの消費によってプロジェクトの展開までの時間を短縮し、資本とITリソースを解放しながら支出とビジネスニーズとのバランスをとり、財務面の柔軟性と運用スピードを向上させることができます。

混合ワークロードと主要なワークロードをサポートするフラッシュのパフォーマンス

極めて効率的なアーキテクチャー - 高効率でフラッシュを最適化するためにゼロから構築されたアーキテクチャーは、ビジネスクリティカルなアプリケーションに対応できるよう、高速で安定したパフォーマンスと、業界トップレベルのデータ効率を提供します。

ライトシリアライゼーションにより、光の速さで優れたコストのディスクに書き込み可能。

動的なフラッシュキャッシュにより、ワークロードがリアルタイムで変化しても読み取りを高速化可能。

常時稼働のデータ削減により、パフォーマンスに影響を及ぼすことなく、最大5倍の省スペースを実現。

無停止で容易に拡張: 稼動中システムの容量とパフォーマンスを個別に無停止で拡張できます。

  • Citrix®およびXenServer®は、Citrix Systems, Inc.およびその子会社の登録商標です。IBM AIX®は、米国におけるInternational Business Machines Corporationの登録商標です。Microsoft®、Windows®およびWindows Server®は、米国およびその他の国におけるMicrosoft Corporationの登録商標または商標です。Red Hat® Enterprise Linux®およびLinux®は、米国およびその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。Solaris®は、米国およびその他の国におけるOracleおよびその関連会社の登録商標です。SUSE Linux Enterprise Server (SLES) は、SUSE LLCまたはその子会社、関連会社の商標です。Ubuntu®は、Canonical Ltd.の登録商標です。VMware ESXi®は、VMware, Inc.の登録商標です。すべての第三者の商標は、それぞれの所有者に帰属します。