ディスクエンクロージャ

未構造化データの増大に対処していくのが難しいと感じていませんか? コスト効率の高い大容量の直接接続ストレージ (DAS) オプションを探していませんか? 12Gb/秒SASアーキテクチャーによるHPE D6020ディスクエンクロージャーは、ProLiantサーバーとBladesystemに対するDASを拡張し再定義するものです。データ集約型環境向けに設計されたD6020エンクロージャーは、膨大なデータ容量のアプリケーション向けの高密度でコスト効率の高い外部ストレージ拡張を、低いGB単価で実現する、ストレージエンクロージャーです。 D6020エンクロージャーは、スタンドアロンのDASエンクロージャーとしてだけでなく、Microsoft Storage Spaces、Lustre、クラウドバックアップ、データ保護、ビッグデータ環境などのストレージアプリケーションの拡張用として使用できます。 D6020エンクロージャーではゾーンに基づいて直接接続を行えるため、サーバーの管理者はその構成要件に合わせてローカルストレージを迅速に構築できます。

最新情報

  • D6020 + 10 TB LFFドライブバンドルの紹介
  • HPE D6020 10TB 12G SAS 7.2K LFF (3.5インチ) ミッドラインHDD 350TBバンドル x 35搭載
  • HPE D6020 10TB 12G SAS 7.2K LFF (3.5インチ) ミッドラインHDD 700TBバンドル x 70搭載

機能

高密度、低コストのHPE ProLiantサーバーおよびBladeSystem用外部SASストレージ

デュアルI/Oモジュール搭載のHPE D6020ディスクエンクロージャーは、2つの引き出し型ディスクドロアー付き設計の12Gb/秒のSASユニットを提供しており、低い取得コストで高密度のストレージオプションを必要とする顧客向けに、わずか5Uのラックスペース内でラージフォームファクター (LFF) SAS、SASミッドラインドライブ、またはSSDをサポートしています。

シンプルなラック型ストレージソリューションにより、低価格でシンプルなストレージアーキテクチャーを実現できます。 SmartアレイP441、P841、P741mコントローラーまたはH241 HBA、ブレードエンクロージャー内の6Gb/秒SAS BLスイッチを介して、6台までのD6020エンクロージャーを接続します。

単一のBladeSystemエンクロージャーで最大6個のD6020エンクロージャーをサポートしており、高密度かつ低コストのストレージを求めている顧客向けに、最大3360TB (8TBのHDDで構成) のラック型ストレージを提供します。

2つのエンクロージャーをデイジーチェーン接続する機能により、最大140台のドライブまで容量が増加します。

Microsoft Windows記憶域スペースサポートに対応するソフトウェア・デファインド・ストレージ機能です。

BladeSystemサーバー用のローカルストレージを迅速に構築

デュアルI/Oモジュール搭載のHPE D6020ディスクエンクロージャーは、6Gb/秒SAS BLスイッチの管理ソフトウェアを使用して、D6020エンクロージャーユニットのディスクドライブをグループ化し、それらを個々のブレードサーバーに割り当てます。 グループ分けされたドライブは、各サーバーのローカルストレージとして認識されます。

D6020エンクロージャーモデルではゾーンに基づいて直接接続を行えるため、サーバーの管理者はその構成要件に合わせてローカルストレージを迅速に構築できます。

単純に既存のドライブをD6020エンクロージャーに追加し、新たに配備されたブレードサーバーに対するゾーニングを行うか、既存のブレードサーバー構成のゾーンに対して容量を追加設定します。 複雑な構成設定や再配線は不要です。

外部ストレージへの高パフォーマンス12Gb/秒SAS接続

デュアルI/Oモジュール搭載のHPE D6020ディスクエンクロージャーは、12Gb/秒のホスト接続によって高パフォーマンスを実現しており、構成および配備が簡単です。また、HPE SmartアレイP441、P841、P741mコントローラーのいずれか、またはHPE 6Gb/秒SAS BLスイッチを使用することで、D6020エンクロージャーでサポートされる機能の範囲が広がります。

D6020エンクロージャーでは、アプリケーションとストレージが同じラックにインストールされます。 データは長距離伝送されないので、レイテンシは短縮されます。

統合「ウェアゲージ」を備えたソリッドステートドライブサポートは、アプリケーションパフォーマンスを向上し、フットプリントおよび電力消費を抑えることで顧客の運営コストを削減します。