ハイブリッドIT環境でデータを常に保護して利用できるようにするにはどうすればよいのでしょうか。HPE Complete Veeamソフトウェアは、仮想マシン、ゲストOS、データ、およびクリティカルアプリケーションに関して15分未満の目標復旧時間と目標復旧時点を定めたサービスレベル契約 (SLA) を満たす、卓越したデータ保護/可用性ソリューションを提供します。Veeam社の可用性ソリューションとフラッシュ最適化されたHPE 3PAR StoreServ、HPE StoreVirtualストレージ、およびHPE Nimble Storageを統合し、データ保護をサポートするHPE StoreOnceシステムとHPE StoreEverテープを組み合わせることで、これまでにないデータとアプリケーションの可用性を実現します。ユーザーは、ストレージスナップショットと業界をリードするリカバリ機能を活用してデータの損失とダウンタイムを最小限に抑えつつ、プライマリストレージ、保護ストレージ、およびデータ可用性ソフトウェアのコンポーネントを緊密に統合する、より一元的なデータバックアップ、リカバリ、ディザスタリカバリ戦略を推進できます。

最新情報

  • 政府、地方自治体、教育機関 (SLED) 向けソリューション

機能

バックアップとリカバリ

HPE Complete Veeamソフトウェアは、エージェントを使用することなく、仮想/物理環境向けの高速で信頼性の高いイメージベースのバックアップ/リストア機能を提供します。これにより、バックアップウィンドウを短縮するとともに、バックアップとストレージのコストを削減できます。

本番環境の展開前に本番環境と同じような環境でバックアップとレプリカイメージを動作させることにより、アプリケーションの展開に伴うリスクを軽減します。

仮想マシン、個々のファイル、アプリケーションアイテムの全体を、信頼性の高い方法で素早くリストアできるため、わずか15分未満というリカバリ時間目標 (RTO) を達成できます。

VeeamとHewlett Packard Enterpriseが連携し、HPEのプライマリおよびセカンダリストレージ向けの機能を直接統合した独自の機能を提供しています。

HPE Complete VeeamソフトウェアとHPE 3PAR StoreServ、HPE Nimble、HPE SimpliVity、HPE StoreVirtual、およびHPE StoreOnceシステムの統合により、データとアプリケーションを包括的に監視して可用性を確保できます。

レプリケーション

HPE Complete Veeamソフトウェアは、高度なイメージベースの仮想マシンレプリケーションと合理的なディザスタリカバリにより、ミッションクリティカルなアプリケーションの可用性を確保します。

すべてのワークロードに対応するイメージベースの仮想マシンレプリケーションにより、オンサイトで高可用性を実現したり、オフサイトでディザスタリカバリを行ったりできます。

ポイントインタイムバックアップを頻繁に作成してリストア前のレプリカの検証プロセスを自動化し、RPOを範囲内に収めることにより、バックアップ中の本番データへの影響を抑えます。

ストレージにとらわれず、包括的なデータ可用性ソリューションを実現するために、すべてのストレージ、サーバー、ハイパーコンバージドおよびコンバージドシステムプラットフォーム間で共通のレプリケーションソリューションを提供します。

Veeam Oneによる完全な可視化

HPE Complete Veeam Softwareは、バックアップおよび仮想環境全体を完全に可視化します。

常時稼働のリアルタイム監視およびアラート機能により、ITプロフェッショナルにバックアップとパフォーマンスの問題を通知します。

リソースの最適化と構成の追跡--インフラストラクチャのパフォーマンスを評価し、現在の構成があらゆるベストプラクティスを満たしていることを確認します。

キャパシティプランニングと予測: バックアップと仮想インフラストラクチャに関する「What If」分析モデルとリソースのオーバーコミットの追跡によってリソースの使用状況と使用率の傾向を予測します。

関連リンク

QuickSpecs

ホワイトペーパー

ソリューション概要

お客様事例/成功事例

ビデオ

データシート