多くの組織は、ファイアウォール、暗号化、侵入検知システム (IDS) センサーなどのソリューションを導入して、情報保護のためのセキュリティテクノロジーに投資しています。しかし、これらの組織の多くは人的要因には対処していません。人間は、コンピューターと同様に、極めて重要な情報を保存、処理、転送します。しかし、そのために必要な教育はほとんど実施されていないため、人間によるテクノロジーの運用は依然としてセキュリティ面で非常に不安定な状態にあります。その結果、サイバー攻撃者が人間を標的に選ぶ傾向が強くなっています。人間が関与する問題を解決しなければ、テクノロジーだけでは組織を保護できません。HPEは、これらの問題に対処するための強力なセキュリティ意識トレーニングを提供します。

強力なセキュリティ意識トレーニングにより、ユーザーは自身が標的であることを認識できるようになります。また、テクノロジーの安全な使用方法を教育し、組織のコンプライアンスを維持することで、ユーザーの意識の向上と行動の変化をもたらします。さらに、ユーザーにセキュリティ侵害の指標とインシデントの報告方法を教育することで、単なる侵害の防止にとどまらず、侵害を検知できる人材を開発し、より耐障害性の高い組織を構築することができます。