HPE Synergy向けHPE導入サービスは、HPE Synergy 12000フレームをサポートする、固定価格および固定範囲の以下の2つの基本的な導入サービスで構成されています。• HPE Synergy第1フレーム導入サービスでは、1台目のSynergy 12000フレームの設置およびスタートアップ作業を実施します。• HPE Synergy追加フレーム導入サービスでは、お客様の環境で追加のSynergy 12000フレーム1台の設置およびスタートアップ作業を実施します。1台のラックに合計最大4台のフレームを展開する場合は、このサービスの追加インスタンスを購入してください。

これら2つのサービスの詳細については、本データシートの「サービスの内容」セクションをご覧ください。HPE Synergy第1フレーム導入サービスでは、HPE Synergyコンピュートモジュール、HPE Synergy向けHPEインターコネクトモジュール、HPE Synergyインターコネクトリンクモジュール、HPE Synergy向けファイバーチャネルスイッチモジュール、HPE Synergy SAS接続モジュール、およびHPE Synergyストレージモジュールと併せて、OneView管理ドメインにおける1台目のSynergy 12000フレームのハードウェア設置およびスタートアップ作業を実施します。また、第1フレーム導入サービスには、HPE Synergyコンポーザーの初期セットアップ、および1台のHPE Synergy 12000フレームでサポートされているすべての管理/監視対象デバイスの基本構成およびセットアップも含まれます。これには、フレームをHPE OneViewの管理下に置くこと、HPEがサポートするファームウェアのベースラインまでフレームをアップデートすること、フレームのネットワーク構成 (ネットワーク、ネットワークセット、SAN接続) を定義すること、エンクロージャーのコンピューティングモジュール向けサーバープロファイルを作成して割り当てることが含まれます。これらのサービスの範囲に関する詳細情報については、下記の「サービスの内容」セクションをご覧ください。マルチフレーム構成とする場合は、HPE Synergy追加フレーム導入サービスを購入する必要があります。このサービスは、上記の第1フレームの導入と同時にHPEが提供します。フレーム単位でこのサービスを注文することで、HPE Synergy第1フレーム導入サービスで展開される同じHPE Synergy OneView管理リングに追加する、追加フレームや関連モジュールの設置とスタートアップを追加できます。また、既存のHPE Synergy OneView管理リングに追加フレームや関連モジュールを追加して既存のHPE Synergy環境を拡張する必要がある場合にも、このサービスを注文することができます。

機能

HPEのテクニカルスペシャリストが設置およびスタートアップ作業を実施します。

このサービスの提供時に、HPEのサービススペシャリストが基本的な質問に回答します。

お客様のご都合に合わせて、HPEとお客様が合意したスケジュール (HPEの休業日を除く、各地域のHPEの標準営業時間内) でサービスを提供します。

インストール前にすべてのサービス前提条件が満たされていることを確認します。