HPEプロアクティブケアでは、コンバージドインフラストラクチャの安定性を向上させて運用を支援し、さらなるビジネス成果を実現することを目的とする、リアクティブサービスとプロアクティブサービスを組み合わせた一連のサービスを提供します。仮想化や統合が進んだ複雑な環境では、多数のコンポーネントを効率的に連携させることが必要です。HPEプロアクティブケアはこうした複雑な環境のサポートに特化したサービスで、サーバーを対象とした充実したサポートを提供しています。対象となるのは、サーバー、オペレーティングシステム、ハイパーバイザ、ストレージ、ストレージエリアネットワーク(SAN)、ネットワークなどの製品です。サービスインシデントが発生した場合、HPE プロアクティブケアをご利用のお客様には高度な電話対応が提供されます。熟練したテクニカルソリューションスペシャリストがお客様のケースを最初から最後まで責任をもって管理することで、ビジネスへの影響が軽減されるとともに、重大な課題のより迅速な解決も可能になります。ヒューレット・パッカード エンタープライズでは、複雑なインシデントの迅速な解決を目的とする、高度なインシデント管理手順を採用しています。

さらにHPEプロアクティブケアサポートを提供するテクニカルソリューションスペシャリストには、ダウンタイムの削減と生産性向上に役立つ自動化テクノロジーおよびツールも提供されます。インシデント発生時、問題解決に必要な場合、HPEプロアクティブケアにはオンサイトでのハードウェア修理も含まれます。お客様はビジネスおよび運用上のニーズに応じて、複数のリアクティブなハードウェアサポートレベルの中から最適なサービスを選択していただけます。HPEプロアクティブケアには対応デバイスのファームウェアおよびソフトウェアのバージョン分析も含まれます。この対応ではHPEプロアクティブケアがカバーするインフラストラクチャを推奨リビジョンレベルに保つための推奨リストが提供されます。HPEプロアクティブケアがカバーするデバイスは定期的にプロアクティブスキャンを受けるため、構成上の問題の特定、解決が容易になります。さらには四半期ごとにインシデントレポートを作成し、問題の傾向を特定して同じ問題が繰り返されないようにします。リモートサポートテクノロジーを使ってテクノロジー構成や障害データを収集することにより迅速なサービス提供が可能となります。このサポートサービスを最大限に活用するには、最新バージョンのリモートサポートテクノロジーを実行する必要があります。

機能

HPEプロアクティブケアは、次のような機能により投資収益率の向上を支援します。

特別な訓練を受け、ソリューションに精通した高度な人的リソースが案件の開始から終了まで担当し、インシデントを迅速に解決します。

サポート製品のファームウェアバージョンやソフトウェアのパッチ適用を推奨し、問題を予防します。

デバイスベースの定期的なプロアクティブスキャンでリスクや課題を特定し、構成がヒューレット・パッカード エンタープライズのベストプラクティスに沿って確実に行われるようサポートします。

HPEテクニカルアカウントマネージャーが、リモートサポートテクノロジーによって特定された問題、リスク、および推奨事項に関するアドバイスとガイダンスを提供します。