BladeSystem仮想接続

サーバーとSANを接続する方法を簡素化する必要に迫られていませんか。HPE c-Class BladeSystem用Virtual Connect 16Gb 24ポートファイバーチャネルモジュールは、サーバーエンクロージャーをSANから完全に切り離してサーバー接続を簡素化する、新しいクラスのブレードインターコネクトです。ケーブルとSANスイッチの管理ドメインを減らすとともに、サーバーを数分で変更できるようにすることにより、ファイバーチャネルネットワークにサーバーを接続するプロセスを簡素化します。このファイバーチャネルモジュールを使用すれば、コストを削減してSANへの接続を簡素化し、ネットワーク接続を統合できるうえ、管理者はサーバーリソースをオンザフライで追加、交換、およびリカバリすることが可能になります。この標準ベースのモジュールは、ファイバーチャネルネットワークへのパススルーデバイスのようにも見えますが、SANへのハイパフォーマンスな16Gbアップリンクを含む、統合型のスイッチが持つ主要なメリットをすべて備えており、統合設計によって、ケーブルを減らしてプラグで接続可能なスモールフォームファクターのトランスミッターを活用すると同時に、ラックスペースを解放し、必要な電力/冷却を減らします。

最新情報

  • Virtual Connectファイバーチャネルの帯域幅が8Gbから16Gbに倍増します。
  • HPE Virtual ConnectとSANの間でのビッグデータの転送のパフォーマンスが2倍になります。
  • HPE Virtual ConnectとSANの間でのオンライントランザクション処理(OLTP)データの転送のパフォーマンスが2倍になります。
  • HPE Virtual ConnectとSANの間でのマルチメディアデータの転送のパフォーマンスが向上します。
  • ビジネスプロセスの変更に伴って、既存の部品番号に代わる新しい部品番号が使用されることになりました。詳細については、QuickSpecsを参照してください。

機能

標準ベース

HPE BladeSystem c-Class 16Gb 24ポートバーチャルコネクト ファイバーチャネルモジュールは、他のすべてのNPIV標準ベースSANスイッチ製品と互換性があります。 このため、希望するブランドのSANスイッチとのエンドツーエンド接続を高いパフォーマンスで維持できます。

SANネットワークに対するシンプルなファイバーチャネルホストバスアダプター(HBA)として機能し、ケーブルの複雑さを軽減します。 サーバーに対するどんな変更も関連ネットワークからは意識されません。このように、サーバーがSANと完全に分離され、SANの管理者がサーバーのメンテナンスに関わる必要がなくなります。

Virtual Connect Managerとの連携により、SAN管理者は、利用可能なSAN、LAN、サーバー接続を定義して、サーバーの接続プロファイルを管理できます。