効率と柔軟性の両方を向上させる必要はありませんか。HPE Synergy 4820C 10/20/25Gbコンバージドネットワークアダプターを使用すれば、金融機関、取引所、通信事業者やクラウドサービスプロバイダーのお客様が今すぐ10Gに対応できるだけでなく、将来的には25Gbまで対応することが可能になります。このアダプターによってEthernetとFCoEを1つの接続に統合することで、ハードウェアが簡素化され、コストが低減されます。HPEのSynergyスイッチソリューションと組み合わせて使用すれば、高スループットと低レイテンシが実現し、サーバーをスイッチに接続するインテリジェントかつ柔軟なネットワークを実装することができます。

機能

CPU使用率を低減しつつ、より多くのアプリケーションを展開

HPE Synergy 4820C 10/20/25Gbコンバージドネットワークアダプターは、シングルルートI/O仮想化 (SR-IOV) 機能を備えており、サーバーごとに多数の仮想マシン (VM) を実行できます。このため、ハードウェアが不要になり、そのスペースにかかるコストと、ハードウェアデバイスによる電力消費量を削減できます。

ライブマイグレーションおよびMicrosoft SMBダイレクト環境において、Converged Ethernet (RoCEv2) によるリモートダイレクトメモリアクセス (RDMA) を使用してCPU使用率を低減し、ホストVMの密度とサーバー効率を向上させます。

高速化で競争力を向上

HPE Synergy 4820C 10/20/25Gbコンバージドネットワークアダプターでは、EthernetとFCoEまたはiSCSIなど、各接続内で複数のネットワークフローを柔軟に構成できます。

データプレーン開発キット (DPDK) を使用することで、スモールパケットの処理を高速化できます。レイテンシを最小限に抑えてハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) を推進できるため、データ処理の高速化を求める金融機関、取引所、通信事業者のお客様に最適です。

未許可アクセスを防止

HPE Synergy 4820C 10/20/25Gbコンバージドネットワークアダプターは、認証済みのアップデートとセキュアブートを利用してセキュリティを強化しており、起動時にシステムをスキャンして不審なアクティビティが実行されていないことを確認します。

デバイスレベルのファイアウォールを使用して、メモリやストレージへの未許可アクセスを防止します。デバイス上のファームウェアおよび構成データには、認可されたエージェントのみがアクセスできるようになります。