コストを削減しながら帯域幅を拡張し、ネットワークの脆弱性を削減したいとお考えの方は多いと思います。 HPE Ethernet 10/25Gb 2ポート631アダプターは、10G (SFP+) または25G (SFP28) のいずれかの速度を実現でき、Ethernetパフォーマンスを大幅に向上します。10Gの実装と比較して、これらのアダプターは、サーバー、アダプター、ケーブル、スイッチ数を減らし、サーバーのパフォーマンスを向上し、対象ワークロードの処理を加速し、コストを削減します。これらのアダプターは、R​​oot of Trust (信頼の基点) アーキテクチャーを使用してデジタル署名されたファームウェアを認証しますので、アプリケーション、データ、およびサーバーのインフラストラクチャーを保護し、サイバー攻撃を防止および検出し、その被害を回復できるようになります。さらに、セキュアブート、デバイスレベルファイアウォール、他の高度なセキュリティ機能を提供します。

機能

データおよびビジネスネットワークの保護

HPE Ethernet 10/25Gb 2ポート631アダプタは、不正または破損したファームウェアのインストールをブロックし、ハードウェアのルートオブトラスト (信頼の基点) と認証によって実行中のファームウェアを信頼できることを検証します。

デバイスレベルのファイアウォールを使用して、メモリまたはストレージへの管理対象外のアクセスを停止します。これにより、デバイス上のファームウェアおよび構成データには、認可されたエージェントだけがアクセスできるようになります。

標準的なシステムログで変更をキャプチャーすることで、認証されたファームウェアアップデートのトレーサビリティを提供します。

低レイテンシでI/O帯域幅を飛躍的に向上

HPE Ethernet 10/25Gb 2ポート631アダプターは、各サーバーで多数の仮想マシン (VM) を実行できるシングルルートI/O仮想化 (SR-IOV) を提供し、必要となるハードウェアを削減し、その結果、そのスペースコストと、ハードウェアデバイスで使用する消費電力が削減されます。

CPU使用率を低減し、Converged Ethernet (RoCE v2)) を介したリモートダイレクトメモリアクセス (RDMA) をMicrosoft SMBダイレクト環境のライブマイグレーションに使用して、ホストVMの密度とサーバー効率を向上させます。

画期的な経済性を実現

HPE Ethernet 10/25Gb 2ポート631アダプターは、トンネルオフロード (VXLANおよびNVGRE) を使用して、パケット処理をオフロードし、CPU使用率を低減し、消費電力を削減します。

データプレーン開発パケット (DPDK) を利用して、より多くのI / O要求を処理するためのパケット処理を高速化します。