Apollo 6000 System

ビジネスの成長に合わせて拡張できる、究極のハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) ワークロード用サーバープラットフォームが必要ではありませんか。HPE ProLiant XL230k Gen10は、企業のデータセンターで複雑なHPCワークロードを処理するために必要な最先端のテクノロジーを使用し、非常に優れたコンピュート パフォーマンスを実現します。このサーバーではインテル® Xeon®プロセッサースケーラブル ファミリーおよびDDR4 2,666 MHz HPE SmartMemoryが使用されます。この、モジュール方式で完全統合型の極めて柔軟なHPE Apollo k6000シャーシは、HPE ProLiant XL230k Gen10サーバートレイを最大で24台と、Ethernetおよび高速ファブリックスイッチを収納でき、さまざまなHPCワークロードニーズに対応します。HPE Apollo 6000 Gen10 Systemは、パフォーマンスに特化した空冷式のソリューションです。柔軟な構成、冗長構成が可能な電源、容易な管理、および効率的なラックスペース使用で、大規模HPC環境の総所有コスト (TCO) を削減します。

機能

過酷なHPCワークロードに対応するプラットフォーム

HPE ProLiant XL230k Gen10は、インテル Xeonプロセッサー スケーラブル ファミリーの最上位プロセッサー、高速なメモリ、そして100Gb/秒のクラスター間接続をサポートし、極めて優れたコンピュート パフォーマンスを実現します。

特定のCPU周波数で多くのコアを使用して迅速にワークロードを完了でき、以前の製品と比較して、アプリケーションの効率を向上します。

2つのインテル® Xeonプロセッサー スケーラブル ファミリーを搭載し、最高でTDP 205W のプロセッサーをサポートします。これはGen9プロセッサーの2倍のパフォーマンスです。

サーバーノードと、統合されたネットワークファブリック (インテルOPAまたはメラノックス® InfiniBand EDRの選択可能) によって、要求の厳しいHPCアプリケーションワークロードに、低レイテンシの100 Gb/秒の帯域幅を提供します。

総所有コスト (TCO) を削減するために最適化

HPE ProLiant XL230k Gen10は、HPCワークロードを処理するための多数のサーバーを迅速に導入できるよう、統合型の堅牢な設計を採用しています。

ネットワークファブリックをサーバーノードと統合してケーブル接続を削減し、ファブリック基盤に合わせて最適化された設計で未使用のスイッチポートを回避しながら、高速な導入と容易なメンテナンスを実現します。

iLO 5、セキュリティ、安全なファームウェアフラッシュ、その他の多くのHPE ProLiant Gen10サーバーの機能をサポートしています。