Apollo 2000 System

HPE Apollo 2000システム用の計算処理用サーバーノードで、別売りのGPUプロセッサーのサポートもお求めですか。 HPE Apollo 2000システムは、1つの標準的な2Uシャーシにおいて最大2つの独立したHPE ProLiant XL190r Gen9サーバーホットプラグ対応サーバーノードを柔軟に搭載することで、非常に密度の高いソリューションを提供します。 各XL190rサーバーノードは、同じシャーシを共有するその他のノードの運用に影響を与えることなく個別にサービスを受けることが可能で、サーバーのアップタイムが向上します。 サーバーノードは、電力と冷却設備の両方を共有する非常に効率的なソリューションにおいて、2400MHzメモリ (ノードあたり16個のDIMMスロット) とデュアルインテル® Xeon® E5-2600 v4プロセッサーのパフォーマンスを活用します。 XL190r Gen9サーバーノードあたり最大2つのGPUカードをサポートすることで、アプリケーションのパフォーマンスを高速化します。 HPE Apollo 2000システムはまた、SAS/SATA/SSDをサポートしながらサーバーノードごとのドライブの柔軟な割り当てを可能にするオプションにより、ストレージの柔軟性を向上します。

最新情報

  • ハイパフォーマンスのメモリ (DDR4) およびインテル Xeon E5-2600 v4プロセッサー (18コア、145Wまで) に対するサポート
  • XL190r Gen9サーバーノードあたり、オプションのGPUまたはアクセラレータを最大2個取り付け可能
  • 柔軟でバランスのとれたI/O構成を実現する追加のPCIeライザーオプション
  • 追加のネットワーク拡張オプションのためのFlexibleLOM機能
  • PCIe 3.0インターフェイスを備えたデュアルM.2ドライブをサポート

機能

さまざまなワークロード向けの柔軟な構成

HPE ProLiant XL190r Gen9サーバーでは、1Uおよび2Uサーバーを組み合わせてワークロードを最適化することができます。

シャーシの一部だけに格納しておいて、組織の成長に合わせてスケールアウトすることができます。

各種ワークロードに対応した費用効果の高いオプション構成で利用でき、柔軟性を向上します。

ワークロード最適化のためのストレージの柔軟性

Apollo 2000システムでは、ラージフォームファクター (LFF) 最大12個、またはスモールフォームファクター (SFF) 最大24個のドライブケージを選択できます。

デュアルM.2ドライブをサポートし、ワークロードの管理およびパフォーマンスとの最適化において柔軟性を提供します。

詳細セットアップツールおよび監視ツール付属

各HPE ProLiant XL190r Gen9サーバーには、HPE ProLiantのエンタープライズクラスの管理ツールおよび運用ツールが含まれています。 UEFIブートモードで構成し、Intelligent ProvisioningおよびScripting Toolkitを使用してローカルおよびリモートでプロビジョニングできます。

HP Smart Update Manger (SUM) とService Pack for ProLiant (SPP) で構成されるHP Smart Updateにより、XL190r Gen9サーバーのファームウェアとドライバーの更新を最適化し、ダウンタイムを減少します。

HPE iLO管理により管理の時間とコストを削減し、リモート管理、監視、およびトラブルシューティングが可能です。 シンプルなセットアップ、サーバーの健全性についての情報へのアクセス、そしてサーバーの電力と温度の制御を向上できます。 数千台のサーバーにわたって、カスタマイズ可能なファームウェアとドライバーのアップデートを自動的に配備します。

HPE Advanced Power Manager (APM) により、詳細なレベルの電力測定およびサーバー/サーバーグループの制御を集約可能です。 ノード全体に静的および動的な電力上限機能を提供します。

HPE Insight Cluster Manager Utility (CMU) によって、あらゆる規模のコンピュートクラスタを監視、管理および最適化できます。

  • *
    価格は現地の再販売者によって変動します。