Apollo 2000 System

HPE Apollo 2000 Gen10 Systemで大規模クラウドやウェブサービスなど従来型のエンタープライズ用途に、1システム4ノードを稼働する多目的サーバーを導入しませんか?HPE ProLiant XL170r Gen10はHPE Apollo 2000 Gen10 Systemに搭載され、従来型ラックサーバーの2倍の密度を実現します。ファームウェアレベルでのサーバーセキュリティを確保でき、また、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) ワークロードにも最適な、柔軟なスケールアウトアーキテクチャーです。各サーバーノードは同じシャーシを共有する他のノードの動作に影響なく個別にメンテナンス可能なため、サーバーのアップタイムを向上します。最大2,666MHz動作が可能なDDR4のHPE Smartメモリ (ノードあたり16個のDIMMスロット) と2基のインテル® Xeon® プロセッサー スケーラブル・ファミリーの性能を活かす各サーバーが、電力と冷却インフラを共有する非常に効率的なソリューションとして提供されます。ストレージの柔軟な選択肢によって、4本のSFFディスクドライブ、または3台のLFFディスクドライブ、あるいは4本のNVMe SSDをサポートします。

最新情報

  • 優れたコンピュートパフォーマンスを実現するインテル® Xeon® プロセッサー・スケーラブル・ファミリー
  • HPE Integrated Lights Out (iLO 5) 管理によってファームウェアレベルのセキュリティを実現
  • 2666 MT/秒のDDR4 HPE Smartメモリをサポートし、アプリケーションパフォーマンスを向上
  • NVMe SSDオプションをサポート
  • オンボードのデュアルポート10GbE NIC
  • HPE Dynamic Smartアレイ S100i コントローラー

機能

優れた管理機能によるデータセンターの最適化

HPE ProLiant XL170r Gen10サーバーは、2Uシャーシに4台の1Uサーバーを搭載でき、1Uラックサーバーの2倍の密度を実現します。

HPE iLO 5、HPE Apollo Platform Manager、HPE Insight Cluster Management Utility (CMU) 8.2などのツールを利用した包括的なシステム管理が可能です。

包括的なサーバーセキュリティ

Silicon Root of Trust (シリコンレベルの信頼性) によりファームウェアのセキュリティを実現しています。

ファームウェアのランタイム検証や、セキュリティが侵害されたコードの検知・アラート機能など、HPE独自のセキュリティ機能が提供されます。

柔軟なスケールアウトアーキテクチャー

HPE Apollo 2000 Gen10システムでは、異なる構成のHPE ProLiant XL170r Gen10の搭載や、別の機種(XL190r Gen10)との混在が、可能です。

ストレージ割り当てを強化するドライブマッピングによってストレージとI/Oの柔軟性を向上します。

適正な規模でスケーリングでき、小規模な構成から始めて、ビジネスの成長に合わせて拡大できます。