ProLiant DL500サーバー

"HPE ProLiant DL580 Gen9は最新のインテル Xeon プロセッサー 4800/8800 v3/v4番台を最大4基搭載する新世代のサーバーです。 インメモリ時代に対応し、メモリ性能、I/O性能を大幅に強化しており、インメモリデータベースのベンチマークでは従来の30倍の性能を実現し、リアルタイムコンピューティング環境を提供します。 HPE ProLiant DL580 Gen9 に搭載したインテル Xeon プロセッサー 4800/8800 v3番台は、最大60MBのL3キャッシュ、4ソケットで最大96コア192スレッドというスケーラビリティーを実現します。また、従来はItaniumやRISCプロセッサーにのみに採用されていたRAS機能が新たな追加され、信頼性においても1クラス上のレベルに到達しました。 パフォーマンス、信頼性、スケーラビリティ、管理性において大きく向上したHPE ProLiant DL580 Gen9は、ビックデータ分野、インメモリデータベース、基幹業務アプリケーション、大規模な仮想化・サーバー統合など、さまざまな用途で優れた効果を発揮する費用対効果の高いx86サーバーです。

機能

ビックデータ、インメモリ時代への対応

DL580 Gen9は、メモリ、I/O性能に優れ、最新のインメモリーデータベースベンチマークでは既存の約30倍の性能向上を実現。リアルタイムコンピューティング環境を提供します。

144スレッド同時処理を実現するマルチタスク性能

最大72コア144スレッドを実現したインテル Xeon 4800/8800 v3番台は、マルチタスク要求の高い高負荷の業務サーバーに最適です。

96DIMMスロットによる6TBのメモリ容量

Gen9では最大6TBのメモリを搭載可能です。また、メモリはより高性能なDDR4 DIMMを採用しています。EDAやインメモリデータベースなど大容量で高速なメモリが必須の用途にも余裕で対応します。

高度なライフサイクル管理機能をサーバーに組み込み

iLO Management Engine (iLO 4)が標準で搭載され、これまでのiLOで提供されていた高速なリモートコンソール機能やメディアマウント機能に加え、サーバーのライフサイクルを管理するための様々な管理機能が組み込まれます。サーバーの導入作業を自動化し、メディアレスセットアップやファームウェア/ドライバの自動更新を実現する「Intelligent Provisioning」、ハードウェア単体での監視を実現し、OS上のエージェントソフトウェアを不要にする「Agentless Management」、サーバー内部の状況を全て記録し、問題解決を迅速化する「Active Health System」といった高度な運用支援機能により、お客様の運用コストを大幅に削減します。