ProLiant DL500サーバー

HPE ProLiant DL580 Gen10は最大6TBのメモリおよび48台のストレージを搭載し、大規模高速データ解析、インメモリデータベースの環境に最適な4Uサイズの新世代4ソケットサーバー です。
最新のインテル Xeon プロセッサー・スケーラブル・ ファミリーを最大4基と最大48基のメモリスロットを4Uの筐体に集約し、最大112コア、6TBメモリーという圧倒的な拡張性を提供します。
また、新製品でも引き続きDIMM上のメモリチップが2つ故障しても動作を継続、かつ性能劣化を起こさない(ADDDC)メモリ可用性を提供可能です。
2.5型のホットプラグ対応の2.5型SAS/SSDドライブベイは48基搭載可能となり、拡張性が大幅に強化されています。
さらに、集約密度を高めた設計により、ダブルワイドのGPUも4基搭載可能となり、ディープラーニングの用途にも適用範囲が広がりました。
また、最新のiLO5により電子認証によるファームウエア更新。不正書き換えの早期認識と優れたセキュリティ機能を実現しています。

最新情報

  • Server Configuration Lock、iLO Security Dashboard、Workload Performance Advisorなどの強化されたiLO 5のセキュリティ機能。
  • HPE InfoSightは、ビジネスに影響が生じる前に問題を予測して回避する、クラウドベースの分析ツールです。
  • 柔軟性を高めて特定のワークロードのパフォーマンスを向上させるセグメント最適化プロセッサー。

機能

クラス最高水準の性能

HPE ProLiant DL580 Gen10は最大6TBのメモリおよび48台のストレージを搭載し、大規模高速データ解析、インメモリデータベースの環境に最適な4Uサイズの新世代4ソケットサーバー です。
最新のインテル Xeon プロセッサー・スケーラブル・ ファミリーを最大4基と最大48基のメモリスロットを4Uの筐体に集約し、最大112コア、6TBメモリーという圧倒的な拡張性を提供します。
また、新製品でも引き続きDIMM上のメモリチップが2つ故障しても動作を継続、かつ性能劣化を起こさない(ADDDC)メモリ可用性を提供可能です。

HPE DC Persistent Memory[6]は、DRAMと連携してコスト効率に優れた高速の大容量メモリおよびストレージを提供し、これまでにないスピードでデータを保存、移動、処理できるようにすることでビッグデータのワークロードと分析に変革をもたらします。

優れた拡張性

HPE ProLiant DL580 Gen10は2.5型のホットプラグ対応の2.5型SAS/SSDドライブベイはが48基搭載可能となり、拡張性が大幅に強化されています。
さらに、集約密度を高めた設計により、ダブルワイドのGPUも4基搭載可能となり、ディープラーニングの用途にも適用範囲が広がりました。

HPE FlexibleLOMアダプターを選択できるため、さまざまなネットワークスピード (1GbEから25GbE) およびファブリックを利用でき、ビジネスの成長と変化に対応できます。

世界標準の安心サーバー

HPE独自の電子認証によるファームウエアの更新や不正書き換えの早期認識と回復機能を備ええいます。お客様の業務を守る”世界標準の安心サーバー”です。

HPEのIT投資ソリューションは、ビジネス目標に合った優れた経済性のITを実現しながら、デジタルビジネスへのトランスフォーメーションを可能にします。

  • 5.
    HPEの測定結果: HPEサーバーで2ソケットのインテル® Xeon® Platinum 8280 プロセッサー ファミリーとインテル® Xeon® Platinum 8180 プロセッサー ファミリーを比較したところ、インテル® Xeon® Platinumでは、旧世代のSTREAM、LINPACK、およびSPEC CPU2017の評価基準の平均値と比べて最大11%のパフォーマンスの向上が見られました。システムのハードウェアやソフトウェアの設計または構成の違いが、実際のパフォーマンスに影響する場合があります。2019年4月。
  • 6.
    HPE DC Persistent Memoryは2019年後半に提供開始
  • 7.
    HPEの測定結果: HPE ProLiant DL580 Gen10サーバーのHPE DDR4 SmartMemory LRDIMMは、2DPCで2,933MT/sをサポートできます。2019年4月
  • インテルXeonおよびインテルは、米国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。その他すべての第三者の商標は、それぞれの所有者に帰属します。