ProLiant BL600cサーバーブレード

HPE ProLiant BL660cサーバーシリーズは、圧倒的な性能と拡張性を高密度に実装可能なフルハイトブレードサーバーです。HPE ProLiant BL660c Gen9サーバーブレードは、10Uの大きさのc7000エンクロージャーに8台収容可能なフルハイトの大きさ(1台あたり1.25U)に、最大4基のプロセッサー(4P/72C)、最大4台のホットプラグ対応ドライブ、最大2TB(予定)のメモリを搭載可能です。標準搭載のネットワークはFlexibleLOMへ対応し、10Gb CNAをはじめとする様々なネットワークアダプターを選択可能です(BTOモデルは標準搭載)。さらに、3つのPCI Express 3.0対応メザニンスロットを装備することで高いI/O拡張性を提供します。高い集約度を目指す仮想化環境やデータベース、HPC環境等の高いパフォーマンスを要求されるアプリケーションに最適です。

機能

高密度設計

わずか1.25U (c7000エンクロージャー搭載時)の筐体に、最新のインテル® Xeon® E5-4600 v3製品ファミリーを最大4基、32個のDDR3 DIMMスロットによる最大2TB(予定)メモリ、ホットプラグ対応のSAS/SATA/SSDドライブを最大4台搭載可能な高密度設計を実現しています。さらに、2つのFlexibleLOMスロットと3つのメザニンスロットを装備し、様々な拡張カードを増設することが可能です。

高性能・高拡張性

最新のCPUアーキテクチャーを4ソケットサーバーで採用することで、圧倒的な演算性能を提供します。さらに、2,133MHzへと向上したメモリーの動作クロック、最新のPCI Express 3.0対応など様々なテクノロジーにより、システム全体においても大幅な性能向上を実現しています。高い集約性を求める仮想化環境や、高速な演算性能が求められるデータベース、HPC環境といった厳しいワークロードに対応することが可能です。

高度なライフサイクル管理機能をサーバーに組み込み

iLO Management Engine (iLO4)が標準で搭載され、これまでのiLOで提供されていた高速なリモートコンソール機能やメディアマウント機能に加え、サーバーのライフサイクルを管理するための様々な管理機能が組み込まれます。 サーバーの導入作業を自動化し、メディアレスセットアップやファームウェア/ドライバの自動更新を実現する「Intelligent Provisioning」、ハードウェア単体での監視を実現し、OS上のエージェントソフトウェアを不要にする「Agentless Management」、サーバー内部の状況を全て記録し、問題解決を迅速化する「Active Health System」といった高度な運用支援機能により、お客様の運用コストを大幅に削減します。