Apollo 2000 System

組織が成長するスピードに合わせて、さまざまなワークロードに対応するための柔軟性を備えたコスト効率の高いシステムが必要ですか。HPE Apollo 2000 Systemは、1つの標準的な2Uシャーシに最大4つのHPE ProLiant XL170r Gen9または最大2つのHPE ProLiant XL190r Gen9サーバーノードを搭載可能な高密度ソリューションです。各サーバーノードは、同じシャーシを共有するその他のノードの運用に影響を与えることなく個別にサービスを受けることが可能で、サーバーのアップタイムが向上します。HPE Apollo 2000は効率的で高密度および柔軟でありながらも、従来のエンタープライズサーバーのすべての機能を提供します。HPE Apollo 2000は、標準的な1Uラックサーバーの2倍の密度を実現します。これによって、データセンターで利用できるフロアスペースを増やし、エネルギー消費を低減しつつパフォーマンスを高め、業界標準のラックに適合する柔軟な構成を提供します。また、HPE Apollo 2000はHPE Advanced Power Managerと互換性があります。HP APMはリアルタイムの電力測定を行い、ラックレベルの動的電力上限機能による制御が可能です。

最新情報

  • 最大2つの1400Wの電源を備えたリダンダントファンおよび電源設備。
  • SAS/SATA/SSDをサポートするためのオプションにより強化されたストレージの柔軟性。

機能

従来のデータセンター向けに最適化された密度

1つのシャーシに最大4つの独立したホットプラグ対応サーバーノード、1Uラックマウント型サーバーの2倍のコンピューティング密度を提供します。

ホットプラグ対応ドライブの前面と背面の保守性の高いノードです。

さまざまなワークロード向けのコスト効率の高い構成です。

さまざまなワークロード向けの柔軟な構成

1Uおよび2Uサーバーに調和してワークロードを最適化します。 シャーシを部分的に設定して、組織の成長に合わせてスケールアウト。

アクセラレーター、最高のプロセッサーおよびI/Oの広範なオプションを備えたHPCパフォーマンス。

ワークロード最適化のためのストレージの柔軟性

12 LFFまたは24 SFFのドライブケージオプション。

サーバーノードごとのドライブの柔軟な割り当てを可能にするためのSASエキスパンダーのオプションが含まれます。

HPE ProLiant Gen9は容易にスケーリングできます。

HPE Advanced Power Manager (HPE APM) により、詳細なレベルの電力測定およびサーバー/サーバーグループの制御を集約可能です。

ノード全体に静的および動的な電力上限機能を提供します。