Apollo 6500 System

ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) やディープラーニング向けにコンピューティングパフォーマンスの向上が必要ですか。HPE Apollo 6500 Gen10システムは、HPCおよびディープラーニングに適したプラットフォームです。業界をリードするGPU[1]、高速GPUインターコネクト、高帯域幅ファブリック、変更可能なGPUトポロジで抜群の性能を提供して、お客様のワークロードに適合します。コンピューターが大規模なデータセットを使用して自律的に学習、予測、および適応できる能力を備えたことで、多くの業界においてイノベーションが促進され、競争力が向上しております。卓越した信頼性、可用性、保守性 (RAS) を備えたこのシステムには、サーバーあたり最大8基のGPU、GPU間の高速通信を実現するNVLink 2.0、インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーのサポート、高速/低レイテンシファブリックの選択肢が含まれており、柔軟性のある構成機能を使用してワークロードが強化されています。それにより、このシステムはディープラーニングだけでなく、複雑なシミュレーションとモデリングにも適しています。

最新情報

  • サーバー1台に8基のGPUを搭載。1台あたりのGPUが少ないサーバーを多く使う場合と比べて、ディープラーニングシステムのトレーニングが、より迅速になり、優れた経済性を実現します。
  • NVLink 2.0では、世界で最も強力なコンピューティングサーバー向けに最大300GB/秒の速度でGPUを接続します。数日から数週間を要していたAIモデルのトレーニングを数時間から数分間で完了できるようになりました。
  • HPE iLO5を使用したエンタープライズクラスのRAS、簡単にアクセスできるモジュール方式の設計、および2+2の電源装置。
  • HPE iLO5を活用してシステム管理の時間と費用を節約し、TCOの削減が可能。
  • HPE ProLiant XL270d Gen10サーバーは、人気のHPE Apollo 6500システムファミリの最新製品です。

機能

GPUインテンシブなワークロード向けにパフォーマンスを向上

HPE Apollo 6500 Gen10システムでは、最大8基のGPUをサポートして、単精度で最大125Tflopsの計算性能を提供します。

高速/低レイテンシのネットワーク、NVMeドライブ、高速HPE DDR4 SmartMemoryを備えた強力なサーバーホスト。

最新鋭のアクセラレータテクノロジーを搭載するとともに、ディープラーニングやその他のHPCワークロードのパフォーマンスを高めるために、GPU間の専用通信を可能にするNVLink 2.0を採用しています。

最も要件の厳しいアクセラレータでも信頼性を確保できるように設計されています。350Wアクセラレータを想定して設計された電力および冷却性能、信頼性の高い運用を確保する安定した信号品位によるパフォーマンス。

HPCおよびディープラーニング環境向けの柔軟性

HPE Apollo 6500 Gen10システムは、帯域幅を増加するNVLink 2.0と、従来のGPUサポート向けのPCIeオプションの選択肢を提供しています。

複数のアクセラレータトポロジをサポート - NVLink用のハイブリッドキューブメッシュ、PCIeでの4:1または8:1のGPU:CPUの柔軟性。

広範なストレージオプション (最大16台の前面からアクセス可能なストレージデバイス、最大4台のNVMeドライブを搭載したSAS/SATAソリッドステートドライブ (SSD))。注記: 初期出荷分ではブート用の内蔵SATA SSDまたはM.2、および高速キャッシュ用のNVMeが有効になっています。SmartアレイSASおよびSAS SSDについては、今後のリリースでご利用いただけるようになる予定です。

エンタープライズオプションの包括的な選択肢、Ubuntu®および、Red Hat®、SUSE®、CentOSからのEnterprise Linux®オペレーティングシステムの選択肢、HPE Pointnextサポートの柔軟性。

耐障害性、セキュリティ、およびシンプルさでTCOを削減

HPE Apollo 6500 Gen10システムでは、2+2の電源冗長性を備えた耐障害性のある電源を提供します。

効率的なシステム管理とセキュリティ。HPE iLO5は時間と費用の節約を可能にします。このサーバーは、HPE iLO5を使用している「世界標準の安心サーバー」です。

アクセスの容易なモジュール方式の設計と背面ケーブル接続のファブリックにより、点検やアップグレードを簡単に実行できます。

電源装置を内蔵したオールインワン設計であり、かつ奥行き1075mmの標準ラックへの搭載も可能です。

  • 1.
    NVLink 2.0では、専用GPU-to-GPU通信を使用して業界最先端の性能を実現します。
  • 2.
    性能の数値および最大理論性能の数値です。
  • インテルおよびインテルXeonは、米国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。Red Hat は、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.の登録商標です。Linuxは、米国およびその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。その他すべての第三者の商標は、それぞれの所有者に帰属します。